ロッド

お気に入りのタックル

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】

 川村 光大郎さんプロヂュース陸っぱりヘビーバーサタイルロッド

 

SC(ショアコンペティション)シリーズの中核となる陸っぱりバーサタイル、ファイアウルフの発表から2年。川村光大郎の理想を追求すべく濃密なテスト期間を経ていよいよ世に姿を表すのが、キングバイパーの名を持つ近年注目のヘビーバーサタイルモデルだ。
「ヘビー級の釣りはここぞの一発を狙える。ただ、各々の釣りに複数ロッドを用意となると出番は限られる。1本だけで全ての可能性が広がるなら、夢を追うアングラーの背中を押すことができる」。
3.5g以上でのカバーフィッシングやフッキングパワーの必要な高比重ワーム、ビッグノイジー、ワイヤーベイトなら1/2oz.以上、より大型かつ抵抗の強いビッグベイト、PEラインを組めばフロッグやパンチングにも応用可能と使用ルアーの幅は実に広い。これら攻守のバランスを図るべく開発は難航を極めたという。
「軽さと強さの両立。重く硬くなってしまうと、軽いルアーは撃てない。ジグ&テキサスを片手で振り抜ける軽量感は欠かせない」。
カバー奥へとプレゼンテーションする華麗なピッチン&スキッピンは、高弾性SVFナノプラスの採用により軽さはもとより繊細な操作性と高い感度を実現。XHパワー超えのスティッフなティップと、MHパワーのバットを併せ持つスローテーパーに仕上げることで、大型ルアーはリトリーブ時に水を絡ませ、荷重を乗せて投げる打点のバラツキを抑えたソフトなスイングも可能に。
「一見パラボリックなベンドカーブだが、シングルフックのフッキングレスポンスも実に高い」。
X45と3DXで締め上げたブランクは高荷重時にショックアブソーバーの役割を果たしながらラインブレイクを抑えたフッキングを可能に。懸念のダルさやキャストアキュラシーの低下は皆無。
「ヘビーパワーながら軽く、STEEZを始めとした中型ロープロリールでより軽快性を追求できる。他ロッドと違和感なく使いこなせる」。
ティップにはフレーム剛性の高いKBガイドを搭載して、グリップエンドは干渉時の衝撃を抑えるラウンド形状。豪快さと繊細さ、両極を見据えたSC最強のパワーバーサタイルロッドに要注目だ。
※メーカーのサイトより

 

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】

 

全長(m):2.11
継数(本):1
仕舞(cm):211
自重(g):105
先径/元経(mm):2.7(2.7)/12.8 ※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
ルアー重量(g):7〜100
ルアー重量(oz):1/4〜3・1/2

 

ファイアウルフを使ってみて、つぼにはまってしまい、どうしても手に入れたくて、ロッドを数本黄色いお店に・・・
購入してしまいました。

 

3オンス越えのルアーが使えるのに、ファイアウルフより軽い105g・・・
この軽さがやばいです、

 

いつもなら、重いロッドでしっかり持ってアクションさせるのですが、
ヘビーロッドなのに軽いから、軽いロッドの時の癖でアクションさせると、手首に負荷が・・・

 

XHパワー超えのスティッフなティップにMHパワーのバットを持ち合せたスローテーパー
テキサスは、ダイワBLACKLABEL+721MHFB以上に使いやすいです
ヘビキャロだと、1オンスで飛んでた飛距離を17gで飛び越えちゃいました。

 

ヘビダンはファーストテーパーが良いと思っていたのですが、
スローテーパーの方がやりやすいですね。

 

今まで使っていたMHのロッドより軽く、使いやすくて、めっちゃ飛びます。

 

さすが、川村 光大郎さんとロッドビルダーの方と、2年かけて作られたロッド
この工程を、感性領域設計システム「ESS」と言うらしいです。

 

今まで感度が良いと思っていた、HVFナノプラスのBLACKLABEL+721MHFBだったのですが、
SVFナノプラスのキングバイパーを使うとかすれてしまいました・・・

 

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】

 

今まで持ってるロッドだと、28gが上限だったのですが、
100gまで使える様になったけど、
14ポンド100メートル巻いたジリオンTWHD1516スプールで、ヘビキャロ1オンスのフルキャスト、
ラインが数巻き残って・・・
慌てて止めようとした結果です、

 

私のキャストフィールにすごく合っています。

 

気持ちよく飛んで、

 

スゴイ高感度、

 

5グラムシンカーのダウンショットだって、フリップできて、
かなりの飛距離
ロッドが軽いから、素早く振り上げられるからだと思う。

 

14gテキサス
ジグのスイミング、
テキサスのアンモナイトシャッド5.5
ヘビーダウンショット
ヘビキャロ
などで活躍しそうです。

 

まだ持っていないビックベイトにも挑戦できる様になったので、
ちょっと思案中・・・

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】
ダイワ バス スティーズ ベイトキャスティングモデル SC 6111HSB キングバイパー[ショアコンペティションモデル]

続きを読む≫ 2018/08/27 10:38:27

ファイアウルフSC 6111M/MHRB

 川村 光大郎さんが、1年かけて作りあげた傑作だと思います。

 

※メーカーより

 

いわばバーサタイルのBL-PF701MFBと、ベイトフィネス用として使ってきたSTEEZウェアウルフを1本に集約したモデル。軽量ルアーから巻き物、中量級ビッグベイトまで対応。この1本があれば特殊な状況でない限り、一日のベイトタックルの釣りは完遂できる。使えないルアーがあるとすれば、虫ルアーを始めとした超軽量フィネスと大型ビッグベイトの両極端のみ。ついに真の武器が完成した。
by川村 光大郎

 

SC 6111M/MHRBファイアウルフ

ファイアウルフSC 6111M/MHRB
全長(m):2.11
継数(本):1
ルアー重量(g):3.5-28
ルアー重量(oz):1/8-1
ラインフロロ(lb):8-20
重量(g)112g

 

リール
スティーズ A TW 1016HL にSVスプール
ライン
R18 フロロリミテッド 12ポンド

 

川村 光大郎さんの、ファイアウルフの動画を見た事が有る方は、
すごくしなやかな印象を感じると思うのですが・・・

 

手に持つと、ありえない軽さに驚き、
軽くシェイクするとテップが揺れて良い感じ、
使用した事の無い方だと柔らかいロッドだと思ってしまいがちではないでしょうか。

 

このロッドを選ぶ時、ファイアウルフの色々な書き込みとか、レビューを読んでみて、
みんな書いてる事がバラバラだから、変だって思っていました。

 

使った事が無い方もいたみたいですね。

 

 

 お店で手に持ってシェイクした感じが、私の大好きなロッドに似ていた事、
そして、レギュラーテーパーで有る事と、使えるルアーウエイトが広い。
HVFナノプラスは使った事は有ったけどSVFナノプラスは初めてだったから、
貯めてたポイントを全部使って、購入しちゃいました。

 

使ってみて、柔らかいと言う印象は吹っ飛びます。

 

川村 光大郎さんが言っていたのは、負荷に応じてしなると言う事だと使ってはじめて理解、

 

飛距離について色々試してみました。
全体的にハリが強く、ルアーをはじき飛ばす力はすごいとおもいます。
4グラムのスモラバだと今まで持ってたBFロッドでは届かないところまで飛んでゆきます。

 

次にヘビダン、
MHのロッドに21gのシンカーで届いていた場所に、
ファイアウルフだと、14gのシンカーで余裕で飛び越して・・・

 

ウィードエリアだと、シンカーを軽くしたいから、すごく助かります。

 

次に感度、

 

今まで体感した事の無い未知の領域でした、

 

と言うのもSVFナノプラスがすごいのか、テーパーがすごいのかは解りませんが、

 

今までだと見逃していた当たりが有った事

 

今までだと、ウィードに引っかってはずれたとか、
ギルの当たりだと思っていた感じが、
バスの当たりだったことを教えてくれました。

 

ギルの当たりのコンコンとかクンクンみたいな当たりは、
手元にカンカンって伝わります、

 

私が釣りをしてる場所が、琵琶湖でも無料の駐車場から、徒歩で直ぐの場所、
バスがかなりすれています、

 

軽く銜えて違和感が有れば離すバスばかり、
小さなバスもいるはずなのに、誰も釣れていない

 

たまに回遊してくる40アップが釣れてる感じだったのですが、

 

小さなバスたちはいました、

 

カンって感じの当たりが有ったら、ラインを緩めます、
引っ張って行ってくれるんですよね〜

 

ボウズが続いていた私ですが、
小さなバスだけど、ゲットです。
今まで感じ取る事が出来なかった当たり、
知らない人はボウズですよね、

 

ギルの当たりと思っている方、
実は、子バスの当たりなのかもしれませんよ。

 

ファイアウルフSC 6111M/MHRB

 

3連続ボウズから救ってくれた1匹です。

 

私が知ってるロッドの中では、一番の感度だと思います。

 

BFも出来るロッドですが、
ミディアムのレギュラーなんだけど全体にハリが有るからテキサスも出来ちゃう
1オンスまで使えるみたいですが、
軽いウエイトを遠くに運んでくれるから、私は使わないと思う。

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

ファイアウルフ
ダイワ ロッド スティーズ SC 6111M/MHRB ファイアウルフ

続きを読む≫ 2018/08/27 01:22:27

HL 721HRB 18

HL 721HRB 18を使ってみた私の感想です。

 

まず手に持つと、「軽い」って感じます。

 

7フィート2インチなのに、先重り感が無い

 

次に、所有感、きれいなロッド

HL 721HRB 18

 

グリップエンドの赤が目につきます。

 

ジリオン TWHDと スティーズATWを日替わりで使ってみました。

 

ロッドが軽いので、スティーズATWの方がしっくりきます。

 

 

キャストしてみた感想ですが、

 

キャストがうまくなったと思える気持ちよさをかんじました。

 

レギュラーテパーのおかげで、ルアーの重みをロッドに乗せて遠投出来る感じ、

 

レギュラーテーパーのおかげで、ヘビーロッドなのに、

 

硬いとんがった感じはしません。

 

 

むしろ、MHのBLACK LABEL+721MHFBより柔らかいってかんじました。

 

水中のウイードを感じながら、

 

ウイードの切れ目が手元に感じ取る事も、

 

かなりの高感度

 

 

スピナーベイトの巻き取りなども申し分無し、

 

何より、ルアーのキャストが気持ちいい、

 

思わず顔がにゃけてしまうロッドです。

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2018/07/03 22:32:03

ダイワハートランドHL 721HRB 18

 

ついに買ってしまいました、

 

村上晴彦さん監修、ハートランド初のバリューモデル 
ハートランドHL 721HRB 18 

 

たまにしか行かない釣具屋さんでみつけて、
衝動買いです。

 

 

BLACK LABEL+721MHFBの 139gよりも
HL 721HRB-18の 145gの方が軽く感じるのはなぜ?

 

まず感じたのが、EVAが 硬い事
グリップジョイントがすーと入り、クッと止まる事、

 

先が重い感じがしない
BLACK LABEL+721MHFBより、先重り感がしない、

 

実は、ヘビーロッドは初めてなのですが、レギュラーテーパーのおかげで、
柔らかく感じました。

 

キャストしたら、気持ちいいのだろうな〜

 

早く使いたい病が・・・

 

721HRB-18

 

オールチタンのSICガイド
ちょっと形が違います、

 

一瞬、ダブルフットガイドがさかさまに取り付けてる様に見えます、

 

少し角度も付いてる、

 

721HRB-18

 

第2ガイドまで、3DXで補強されてるバット部分

 

721HRB-18

 

青とシルバーの糸で、おしゃれに巻かれてるガイドと
ハートランドのエンブレム周辺、

 

721HRB-18

 

バリューモデルとは思えない作り込みです、

 

驚いたのが、ラインをガイドに通すと、ラインの振動が増幅された様に感じる感度、
組み合わせた、スティーズA TWとのバランスはすこぶるイイ感じ

 

ふってみた感じは、エバーグリーン、テムジンコブラのロング版の様に思うのですが
コブラより、軽い・・・

 

ロッドの進化を感じた瞬間です、

 

古いハイエンドのMロッドと同じ感覚で使えるHロッド、
欲しくても買えなかった、疾風が 進化して、かえって来た感じです。

 

また、使用したら、レビューしたいと思います。

 

 

楽天カードでポイントゲット


 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2018/06/12 23:14:12

ハートランド 721HRB-18

疾風、疾風七弐Type-Eの血統を汲みながらダイワ最先端テクノロジーと村上晴彦が創り上げたロッド、
それがHL 721HRB-18。

 

ハートランド 721HRB-18

 

ハートランド歴代の作品の中でもっとも支持された不朽の名作疾風をベースにテーパーデザインをチューブラーパワースリムからファストテーパーデザインに変更し、

 

メインマテリアルをハートランドでは初となるHVFナノプラスを採用。グラスなどのカバーが少ないエリアにおいて、

 

ルアーの操作性を最大限引き出す為にティップはそのままに繊細さは残しながら、

 

ネジレを抑制するX45としなってからの戻りの早い3DXで完全武装することにより、

 

キャストやフッキング時はネジレによるパワーロスを抑え、3DXのサポーター効果で遠投性能を向上させた。

 

ハートランド 721HRB-18ベントカーブ

 

村上晴彦とハートランドによりデザインされたテーパーはティップの先端から元まで淀みないベンディングカーブを描く村上調子となっており、

 

ルアーを如何に的確に正確に狙い通りアクションさせるかということに心血を注いだ仕様となっている。

 

ハートランド 721HRB-18

 

感性領域設計システム「ESS」/X45(=Xトルク)/3DX/HVFナノプラス/V-ジョイント/オールチタンフレームSiCガイド

 

ハートランド 721HRB-18適合ウエイト、適合ライン

 

721HRB-18 
全長、2.18m
仕舞寸法、184cm (グリップジョイントセパレート)
重量、145g
適合ルアーウエイト、11g〜28g (3/8〜1oz)
適合ライン、10〜20lb
カーボン含有率 100%

 

721HRB-18

 

ハートランド721HRB-18を作った村上晴彦師匠が徹底解説しています。

 

 

 

721HRB-18

 

 

人気なので、在庫を持ってるところが少ないですね。
もし楽天市場で購入するのなら、
楽天カードを作れば、ポイントをもらえるから、それだけ安く購入できます。


 


ハートランド 721HRB-18


あと、私が知ってるところでは、こちらかな?

ハートランド 721HRB-18

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

ダイワ(Daiwa) ハートランド 721HRB?18 01404704

50760円

ダイワ(Daiwa) ハートランド 721HRB?18 01404704

50760円

ダイワ(Daiwa) ハートランド AGS 772MFS?SV AGS17 01404730

75168円

 

 

 

続きを読む≫ 2018/05/30 17:00:30

ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGS

高感度2ピースベイトフィネスロッド

 

ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGS
重さが 118g
2ピースとは思えない軽さ

 

はじめての、ベイトフィネス専用ロッドです。
実は、1ピースより2g軽いのはなぜ?

 

リールは  DECIDER7 ベイトフィネススプール

 

ライン
シーガーR18フロロカーボンリミテッド 8ポンド

 

まず、使ってみたのが、

 

4gシンカーのテキサス
ワームは、O.S.P ドライブクロー

 

かなりしなるロッドテップの感度が心配でしたが、
びっくりする高感度、

 

ライトテキサスで感度を知るつもりで使ってみたのですが、
マイクロガイドのおかげで、ボトムの感知能力はかなりのモノです。

 

柔らかいロッドだと、感度が悪いと勝手に思い込んでいたのですが、
私の間違いでした。

 

何より、めちゃくちゃ軽い 
DECIDER7が 184g

 

軽いタックルって

 

めちゃめちゃ感度がすごい事になってます。

 

次に使ったルアーが、ゲーリー40イモグラブノーシンカー

 

ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGS

 

40イモグラブが 3.3g フックがゲーリーの1番 の ノーシンカー

 

もう、スピニングタックルはいらないと思うぐらい、すっ飛んでいきます。

 

それでいて、フォール中の当たりもビンビン手元に伝わります。

 

しゃんとしてるテップですが、小さな当たりも逃さず反応、

 

くわえたバスをはじいたりしないから、安心してフッキングに持ち込めます。

 

バットは、40センチクラスにも負けないパワー

 

たぶん50センチにも対応してると思います。

 

まだ釣って無いから・・・

 

ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGS

 

後は、ネコリグ、4インチカットテールノーシンカー、4インチヤマセンコーノーシンカーのワッキーとか、

 

ストレス無くつかえました、

 

スピニングタックルも持って行ってたのですが、

 

持ち替えた瞬間、重い・・・

 

ペールを返すのがめんどくさくなり、

 

またベイトフィネスにチェンジしてしまいました。

 

 

ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGS
ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGS

 

バスだけでなく、ロックフィッシュ狙いにも使っています。

 

長さ 196cm
仕舞寸法 101.1cm
ロッドの重さ118g
適合ルアー 1/16〜1/7 oz (1.75g〜7g)
ライン 6ポンド〜12ポンド 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

【釣り】AbuGarcia BASS FIELD バスフィールド BSFC-652ML【510】

6026円

アブガルシア(Abu Garcia) ホーネットスティンガー プラス HSPC?671X?BB 1403035

12890円

アブガルシア(Abu Garcia) ホーネットスティンガー プラス HSPC?671X?BB 1403035

12890円

 

 

 


アニメ観るなら<U-NEXT>

続きを読む≫ 2018/05/26 17:26:26

ダイワBLACKLABEL+721MHFB

ダイワBLACKLABEL+721MHFB

 

軽さと操作性を突き詰めたリールシートは手にしっくりと馴染む心地よいホールド感をもたらす。「X45」によりリールシート内ブランクス部のネジレ解消にも成功。

 

■軽さと操作性を突き詰めたリールシートは手にしっくりと馴染む心地よいホールド感をもたらす。「X45」によりリールシート内ブランクス部のネジレ解消にも成功。

 

■X45
±45度に斜行させたバイアスクロスを巻き上げた「X45」を採用し、全方向のネジレに対する剛性を確保。パワーロスを補い、キャストフィールの向上と、コントロール性能アップ等、ロッドブランクス本来の性能を引き出す。

 

■HVFナノプラス
ナノプラスとは、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)をナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化を実現した東レ(株)ナノアロイRテクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計・製造手法で機種ごとに最適化を行い、ブランクのさらなる高強度化・軽量化を可能にしたテクノロジー。筋肉質でパワフルな「高密度HVFカーボンが」さらに進化し、粘りや強度を発揮させる上で最適な素材となっている。

 

■3DX(※661M/MLFB、661MRB-G、6101MHFB-G、6101MRB、6101MFB、6101MHFB、7011HRB、721MHFB、721HRB-Gのみ)
カーボン素材の形状安定性と復元力を発揮する3軸織物「3DX」。正六角形が並ぶ構造はあらゆる方向からの力に対して同じ強さを持つため、優れた形状復元力を有している。バット部の3DXクロスのサポーター効果により、遠投性能と掛けてからの安心感という相反する要素を高次元で両立。

 

■721MHFB
軽さの中にも強靭な芯の強さと圧倒的なリフティングパワーを内包し、シャローのカバーゲームを完遂させつつ破格の遠投性能を見せるフッキングレスポンス重視のパワーバーサタイルロッド。BL+6101MHFB譲りの特徴的なテーパーを持つこのロッドは操作時などの軽負荷ではエキストラファスト、キャスト時には負荷に呼応したベントでしっかりウェイトを乗せながらピンスポットに撃ちこむことが出来、繊細且つ高感度なティップで3/16oz.のライトテキサスから1/2oz.のテキサス・パンチショット・1/2ozクラスのカバージグやウィードジグ高比重バックスライトノーシンカーなどに対応。通常のMHよりもワンランク上のパワーを備えた強靭なバットパワーで一気にカバーから引き剥がしパワー負けしない余裕をもったやり取りを可能にする。

 

※ダイワホームページより

 

 

■リールジリオンTW 1516SHL 7.3/1
■ラインシーガーR18フロロリミテッド14ポンド

 

ダム湖の水深10メートルのウルトラディープを1オンスまでのシンカーでヘビーダウンショットを行うために購入

 

BLACKLABEL+721MHFB
適合ルアーウエイト 5g〜28g
適合ライン 12〜25ポンド
グリップジョイントなので、7フィート2インチだけど、仕舞寸法は、186センチ
重さ 139g

 

7フィート2インチとは思えない軽さ、
それに、グリップが長いので、一日中使っても疲れないのがうれしい
いちばん気に入ったのが、グリップの形状で
私の手に合う形なのか、手が痛くならないのがうれしい

 

ジリオンTW に【AIR HDセラミックベアリング】を組み込んだおかげで、

3.8gのスモラバにO.S.Pドライブクロー2インチのトレーラーを付けたスモラバをキャスト出来るので、おかっぱりに欠かせないロッドになりました。

 

ダイワBLACKLABEL+721MHFB

 

1/2oz.のテキサス・パンチショット・1/2ozクラスのカバージグやウィードジグ高比重バックスライトノーシンカーなどを楽にこなせます、

 

何より、8メートルを超えるウルトラディープでのヘビーダウンショットの感度はお見事、
キンキン来る感度ではなく、コンコンとか、もわっとした当たりが解るロッド
エアエッジ 661MHB・E のキンキンした感度だと解らない、もわっとか、ぬぬっとした感度が手に伝わる感じ
もちろん、シーガーR18フロロリミテッドのラインが有ってこその感覚、
フロロマイスターやシーガーR18バスでは出ない感度です。

 

ヘビダンで水中の障害物を、ワームが通過、そのあと、シンカーが越える感覚も手元に伝わってきます。

 

根がかりも、ワームがかかっているのか、シンカーが引っかかっているのかも手元に感じ取れるロッドです。

 

湖底の岩の切れ目にシンカーを送り込むなんて事も出来るタックル
ずる引きしてて「ふっ」と軽くなって、ラインをかすかに引っ張り感じの感覚、
当たりかなって思ったけど生命感が無い時は、ラインを送り込みます。

 

ウルトラディープの岩の切れ目の中に、越冬バスの群れを発見

 

水温低下で行き場のないバスが、集まって寒さを耐えてる感じかな?

 

雪の中、水温7度、のパラダイスを見つけた瞬間でした。

 

引っ張る感度が出るロッドはたくさん有ると思うけど、

 

フッと軽くなる感度が出るタックルは、なかなか無いと思います。

 

過去の所有してた、ウルトラエアリアル以来の感動。

 

セパレートグリップだと、カンカンと言う感じの感度で、
ストレートグリップだと、ドンドンと言う感度になるのかな?

 

スピーナーベイトとか巻いてると、なんとも言えないリズムの振動が手に来ます、

 

水中を漂ってる落ち葉に触った感覚まで手元に伝わるから、
当たりと勘違いしちゃう事もたまに有り。

 

私が所有してるロッドの中ではテムジンガゼルの次に高感度のロッド。

 

それでいて、軽いルアーから、1オンスまでカバー 

 

14ポンド100メートル巻いてるのに、18gのバイブレーションをフルキャストすると、
ジリオンTWのスプールの銀色が見えてくると不安になってサミングしちゃう。

 

キャストフィールは、やっぱりファーストテーパーのロッドって感じなのですが、
飛距離は出ます。

 

あと、私の腕でも14グラムテキサスのピッチングフルキャストで30〜40メートルは飛びます、

 

ヘビダン、テキサス、ラバージグ、スモラバ、ファットイカノーシンカー、アンモナイトシャッドノーシンカーなどで大活躍のロッドです。

 

ダイワBLACKLABEL+721MHFB
ブラックレーベル プラス 721MHFB

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2018/05/24 04:09:24

エアエッジ 661MHB・E

 

エアエッジ 661MHB・E

 

実を言うと、2本目に買ったMHのロッドです、

 

以前は、MLとMのロッドばかり使っていました。

 

1本目に買ったMHは2ピースだったので、初めての1ピースのMHロッド、

 

やっぱり、1ピースがいいですね、

 

なんと言っても、軽いです、リールを付けると先重り感はほとんどしない

 

MHなのに、なんでこんなに軽い?、

 

黒とゴールドのデザインもやる気にさせてくれます。

 

リールシートも、今まで使った事の無い形、

 

トリガーも短めで、握り変えるときは、すごくスムーズ

 

使い始めた時は冬だったので、コルクグリップはうれしかった

 

ジリオンSV TWに、14ポンドを巻いてセット

 

MHとは思えない軽さ、

 

そして、7グラムシンカーのテキサスリグをキャスト

 

ちょっと、硬い投げ心地なんだけど、

 

手首を使ったピッチングの飛距離はすごい、

 

それでいて、ボトム感知能力はピカ一、

 

湖底のコンコンとかザラザラがはっきり解る、

 

レイダウンに紛れてる障害物に引っかかったって思った時

 

今までのロッドだと、根がかりになってたのに

 

「プルン」

 

「え?」

 

何度も通ってる場所、そこに木の枝か何かが沈んでいる事は知っていました、

 

でも、大物がいる場所なのです、

 

障害物を乗り越えた瞬間

 

ラインがたるんで・・・

 

慌てて巻き取り、当たりを確認して、引っ張られた瞬間にフッキング、

 

一気に巻き取って、ごぼう抜き、

 

根がかりだと思って落ち込んだ瞬間の出来事でした

 

次に、テキサスより感度が上がるヘビダンにチェンジ、

 

タングステンシンカー14グラム、ルアーはスワンプクローラー

 

14グラムくらいが一番使いやすいと思いました。

 

改めて、キンキンくる感度にかんど〜!

 

66とは思えない取り回し、

 

硬いロッドだと思っていたのに、

 

実は、テップが固いんだけど、魚がかかってからはやり取りがすごく楽、

 

スイミングジグとかパンチングにもいいかも

 

ルアーをきびきび動かす釣りにはちょ〜いいかんじです、

 

ウイードに絡んだバスも、平気でよせてくるパワー

 

ミディアム感覚で使える、MHロッドだと思います。

 


エアエッジ 661MHB・E

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2018/05/23 02:13:23

セダンの室内に乗せる事が出来る、7フィートクラスのロッドを探していて、選びました。

 

グリップが脱着式だから、感度が心配だったのですが、グリップを付けずにテップをそっと干してたタオルにこすり付けて感度を確認、

 

今度は、グリップを付けて確認、

 

グリップを付けてる方が感度が上がっています〜

 

グリップに振動を増幅する仕組みが有るのかもしれませんね〜

 

7フィート2インチなのに、持ってみると、「軽い」と感動します。

 

ブラックレーベルシリーズの良い所をもっとよくして生まれたんだな〜て思っています。

 

5g〜28gまで使えるのがうれしい〜

 

さっそく、スモラバ3.5gを14ポンドラインでキャスト、

 

入魂に成功、すごく元気なキーパーサイズのバスがつれました。

 

 

リール、ジリオンTW 1516SHL
スプールベアリングは、かっ飛びチューニングキットAIRのセラミックベアリングに交換済みなので、楽にスモラバも投げれちゃいます。

 

3.5gのスモラバにトレーラー付けたら、5gくらいかな?

 



 

18gのバイブレーション をキャストすると、スプールの残りラインが・・・

 

かなりぶっ飛びます。

 

手元に伝わる振動が、半端ないです〜

 

水草に当たった瞬間とかも一瞬「当たりかな?」って、あせってしまうくらいの感度です。

 

軽いルアーは、テップだけで飛んでく感じだけど

 

ルアーが重くなると、ロッド全体でしなる感じのキャスト。

 

 

つぎからは、これ1本で釣りたいと思います。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

 

 

続きを読む≫ 2018/01/21 19:05:21

エアエッジ・E661MHB・E

 テキサスのずる引きで、障害物を回避するのが楽なロッドを検索中に、みつけました。

 

今持ってるMHのロッドだと、ロッドテップが柔らかいので、食い込みは良いけど、いまいち根がかりを起しやすいから、もう少しテップが固くて、冷たく無いコルクグリップで、お手頃なロッド模索中、

 

そんな時にダイワさんのサイトで、見つけたのが661MHB・E 

 

※ダイワのホームページより
661MHB・E
高弾性HVFカーボンのスティッフかつ短いティップセクションとベリーで急激に立ち上がるファストテーパーを採用しており、ショートディスタンスのジグ撃ちやリアクションテキサス、ディープのフットボールなど、メリハリのあるアクションをさせるのが得意。ショートレングス&ファストテーパーはショートレングスのメリットを生かした釣法に合わせたテーパーデザイン。手返しの良さとスティッフなティップ特有の手元に響く感度とカバーの回避能力を生み出し、フッキングストロークが稼げない部分も加味してティップからバットまで張りのあるファストテーパーにすることでストロークを補う設計思想がそこにある。スティッフなティップだからこそ、操作時には適度なラインスラックでバイトを出しやすい状況を作ることができ、スラックを出したリトリーブで巻き物への対応も可能な撃ちモノロッドに仕上がっている。

 

実は、6101MB・Eとも悩んだのですが、2メートルオーバーは、セダンの車に乗せるのは・・・
乗らない事は無いとは思うけど、実際、やぶこぎには向かないな〜って思って・・・

 

 さっそく、ボナンザを塗っては乾かしふき取り×3回

 

新品のロッドでも、汚れています、

 

表面にフッ素コートを行う事で、傷防止〜詳しくはこちら「ボナンザコート

 

X45
ロッドは、カーボンのシートをコロコロ丸めて作っているのですが、X45は、
縦に丸めたカーボンシートを軸にして繊維方向が45度の角度でカーボンシートを巻き付け、新たに軸のカーボンシートに対して逆の45度でカーボンシートを巻き付ける事で、カーボンシートをクロスさせる事でねじれを押さえる構造になっています。

 

HVF
カーボンシートをまとめるためのレジンの減らして、高密度にするダイワの技術

 

BRAIDING X
カーボンのテープをクロスする様に、表面を締め上げてる補強、パットからテップまで、補強されています、
これも、ロッドの強度とねじれを押さえる技術

 

なんだか、良く解らなくなって・・・

 

様は、軽いけど強い、
固いけど、しなやかで、ねじれないのかな〜なんて、

 

竿先が柔らかいと根がかりしやすいから、固いテップになってるらしい・・・

 

ラインスラッグを使って、小さな当たりは取りなさいってことかな〜

 

さて、使ってみないと解らない事ばかりだけど、

 

自分の理想のロッドを選んだつもりです。

 

エアエッジ 661MHB・E
エアエッジ 661MHB・E

 

さて、吉と出るか、凶と出るか、使ってみたいと思います。

 

使うのは、来年かな〜

 

大蔵省の購入許可が下りて良かった〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2017/12/31 00:21:31

 車のトランクに収まるベイトフィネスロッドを探していました。
最初は、「竿先が柔らかいロッドは感度が悪いから、デザインと予算で選べばいいや〜」ぐらいの気持ちで
ホーネットスティンガープラス、652ML BF MGSを選んだのでした。

 

コルクグリップだと、冬に冷たく無くて、濡れても滑りにくいから、コルクを探していたけど、
オールコルクだと、デザインが・・・

 

それから、2ピースの接手が印籠つぎが良いと〜

 

探していたら、ホーネットになっちゃいました。

 

これが印籠つぎ

 

 

竿先が細いから感度は期待していなかったのだけど、

 

 

ナノカーボンのおかげなんでしょうね、2ピースなのにすごく軽く 118g

 

ビンビンの高感度、

 

軽いルアーが投げられれば良いと思っていたのに、ボトムの様子を忠実に伝える高感度、

 

一応、釣具屋さんで色々試してはみたけど、2ピースの中ではかなり良い方だとは思っていたけど、

 

ラインを通した感度は、驚きの一言、

 

マイクロガイドが、ロッドに振動を伝えるからなのでしょうね。

 

クロスに巻かれたカーボンのおかげで、40アップとのやり取りに余裕がありました。

 

 

 

7gまでのルアーなら何でも有りだと思います。

 

3.5グラムのシンカーを使ったテキサスとかスモラバとか、
スピニングタックルじゃないと投げられなかった軽いルアーも、タトゥーラとの組み合わせで、

 

ノーサミングで4インチワームが、気持ちよく飛んでゆきます。

 


アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ホーネットスティンガープラス HSPC-652ML-BF MGS

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

 

続きを読む≫ 2017/12/22 20:06:22

 

エバーグリーン インスパイヤーシリーズ
今江克隆プロデュース エアリアル ICSS-60UL
SICステンレスガイドだったのを
SICチタンガイドに交換
グリップも1度コルクを交換してます。

 

 

25年前から使っているエアリアル、
10年前に、ガイドが大きいので、小径ガイドに変えたくて、SICチタンガイドに交換、
ガイド交換の知識と時間が無かったので、職人さんにお願いいたしました。

 

ガイド代が12000円で、工賃が5000円だったと思います、
そして、3000円かけて、コルクグリップもついでに張り替えました。

 

 

どれだけお気に入りか解ってもらえるかな?

 

パットは、ボロンで補強され、50アップに負けない強度

 

 

テップは、ソリッドテップ、

 

ジグヘッドのスイミングをメインに設計されたみたいです、

 

私はと言うと、ダウンショット、スプリットショット、ノーシンカーで、使用しています。

 

今は、大切に保管中・・・

 

4ポンドラインで、53センチをゲットさせてくれた、私の相棒です。

 

元のガイドが大口径でステンレスだった事と、6フィートで、ガイドが7個のまま、小口径のチタンに交換したのですが、

 

ガイド交換、グリップ張り替え、工賃で、2万円は、おすすめしません、自己満足の領域。

 

でも、約20グラムの軽量化による感度の変化は体感できました。

 

ガイドが軽くなると、ロッドは固くなった様におもいます。

 

ハリがアップして、感度がアップ、

 

今まで見逃していたショートバイトを、フッキングに持ち込めた時の感動は忘れられません。

 

 

今となっては、もっと軽量で、感度が良くて、お安いタックルが誕生されていますので、

 

宝物として、しまい込んでおります。

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/11/07 20:09:07

 全開紹介した、652ML-BFがすごく良かったので、もう一本固いロッドが欲しくて購入、

 

なんと言っても、私が一番得意なテキサスを楽しく行えるロッドを検討

 

652MLが7gまで使えるから、それより重いモノが使えれば良しとしました。

 

釣具店でホーネットスティンガープラスのミディアムとミディアムヘビーを手に持ってみて、MHのハリが気にいって購入。

 

 

2ピースでそろえて、みました。

 

トランクに入るのが大前提。

 

ギグ、テキサス、スピナーベイトに優れています。

 

 

キャストした感じはと言うと、今まで使っていたMHのロッドの様に、疲れたり、重いと感じる事が無かったです。

 

キャストフィールは、MHではなくて、Mクラスに似てる・・・・

 

私が今まで使っていたロッドが固かったからだとおもいます。

 

ちょっと気になったのが、

 

フッキングで、20センチクラスのバスが、飛んできます・・・

 

今まで体験した事が無い、ロッドのパワー

 

 

フッキング速度を落とさないと・・・

 

 

感度だって申し分ありません。

 

固いけど、柔らかいと感じさせてくれるんです。

 

おそらく、竿先が柔らかく、パットがパワフルだから、なんとも言えない安心感と

 

水中の障害物を回避する力はすごいの一言です。

 

 

フロロライン14ポンドでの感想ですが、

 

ロッドから、水底が、砂なのか、水草なのか、とか、

 

レイダウンの小枝の位置とか、

 

沈み岩の感触が伝わってきます。

 

 

コツっと来るたびに、「当たりかな?」なんて、身構えてしまうのが難点・・・

 

使って行くうちに、「自分がうまくなったのかな?」なんて、思わせてくれるロッドだと、私は思います。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

●アブガルシア ホーネットスティンガープラス 2ピース HSPC-672MH MGS+アブガルシア ブラックマックス3(右ハンドル) ナイロン3号糸(ライン)付き 【バス釣り(ベイト)入門セット】

20359円

●アブガルシア ホーネットスティンガープラス 2ピース HSPC-672MH MGS+アブガルシア ブラックマックス3(左ハンドル) ナイロン3号糸(ライン)付き 【バス釣り(ベイト)入門セット】

20359円

●アブガルシア ホーネットスティンガープラス 2ピース HSPC-672MH MGS(ベイトモデル)

12348円

続きを読む≫ 2017/10/28 22:43:28

 

実は、20年以上前のロッドを使っていたのですが、トランクに入る2ピースがなんだか欲しくなって、購入。

 

ベイトフィネスにも興味が有り、BFロッドを色々と探していたのです、

 

そんな時に、Youtubeの動画で、40イモグラブを遠投してるのを見つけて、アブのロッドを購入、

 

今も使っている、テムジンシリーズの、コブラとガゼルは1ピースだから、気楽に持ち運べる2ピースは魅力的、

 

値段も手ごろだからと思い、性能には期待はしていなかったのですが、使ってみてビックリ、

 

 

手にした瞬間、軽さに驚き

 

それと、デザインがいい〜

 

ま〜人それぞれだとは思うけど、私のツボにはまりました。

 

 

さっそく、釣りに出会かけ 40イモグラブのノーシンカーをキャスト、

 

テップにルアーの重みを載せて遠投、

 

何より、軽量ルアーを投げやすいのにビックリ、
自分が思っているはるか向こうに跳んでゆきます。

 

そして、感度にもビックリ、

 

柔らかいペなぺなの竿なのかななんて思っていたのに、ハリが有るのに柔らかい・・・

 

2ピースとは思えない高感度、

 

水底の様子がロッドから伝わってきます。

 

 

突然、ピクっと引っ張られ、少し重くなって、ショートバイトなのに、竿先がショックを吸収
テムジンガゼルなら、はじいてしまう当たりなのに、はじかずに、リアルに私に伝えてきます。

 

やさしく、ロッドをあおりフッキング、

 

バスの躍動感を伝えてきます。

 

 

元気の良いバスちゃん、走りまわるのですが、とても強靭なバットのおかげで、スムーズにやり取りができるから安心感が半端ない、

 

ジャンプだってテップがテンションをかけたままいなしてくれます。

 

今まで取れなかったショートバイトをフッキングに持ち込んでくれる素晴らしいロッドとの出会いでした。

 

1.75gから7gまでの重さを、ストレスを感じないすばらしいロッドだと思います。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

アブガルシア ホーネットスティンガープラス HSPC-652ML-BF MGS(バスロッド)

12474円

●アブガルシア ホーネットスティンガープラス 2ピース HSPC-652ML-BF MGS+アブガルシア ブラックマックス3(左ハンドル) ナイロン3号糸(ライン)付き 【バス釣り(ベイト)入門セット】

20359円

アブガルシア Abu Garcia ホーネットスティンガープラス HSPC-652ML-BF MGS 1403013

14139円

 

続きを読む≫ 2017/10/24 20:54:24