タックル紹介

お気に入りのタックル

STEEZ A TW

 STEEZ A TWに RCS 1012 SV スプール G1 ブラックを組み込み、

 

ロッドは、使い慣れた、テムジンガゼル
マグネットブレーキ10で、POP-X 7gをキャスト、

 

ちょっと沖目に軽くキャスト、

 

ブレーキが少し強いかなと思いながら、思っていた所より飛距離がでました。

 

思っていた所より2メートルほど飛んでる、

 

久しぶりに使う8ポンドのR18 フロロリミテッドも関係あるかも・・・

 

 

ポップ音を鳴らしながら、ドックウォーク、

 

岸際の木の陰でステイしながら、シェイク、

 

小刻みに小さな波紋を広げてると、下から突き上げる当たり

 

すかさず合わせて、ドックファイト、

 

スプールから、チリチリ出る音が新鮮でした。

 

 

 

1投目で、ヒットしたので、すかさず、STEEZ A TWのノーマルスプールに交換、

 

同じ、POP-X 7gをキャスト、

 

マグネットブレーキは10、

 

ラインは、R18 フロロリミテッド10ポンド、

 

ノーマルスプールだと、7グラムのプラグルアーは厳しいと感じました、

 

ブレーキ10だと飛距離が出ない、

 

弱めると、ノーサミングでは無理、

 

10グラムの、クランクなら、気持ちよく飛んでゆきます。

 

なんだか、昔のTD-Zを思い出させる性能、

 

14グラムのシンカーだけキャスト、
段々、ブレーキを緩めて、
最終2でノーサミングでは、ラインが途中浮き気味になったので、3に戻したところが私のベスト
かなりの飛距離がでました。

 

また1012SVスプールにもどして、14グラムのシンカーをキャスト

 

ノーマルスプールよりは飛んでいない感じだけど、ブレーキ2でノーサミング、

 

私の場合だと、10グラム以上なら、ノマールスプール、

 

14グラムまでなら、1012SVスプールだとおもいました、

 

ノーマルスプールでも、軽いルアーはキャストできるけど、

 

ブレーキを強めて、飛距離が出ない状態を作らないといけない。

 

7グラムを遠くに飛ばせるのは、RCS 1012 SV スプール G1 だと思います。

続きを読む≫ 2018/04/23 20:00:23

STEEZ A TW

タトゥーラSV TW ジリオンSV TW使っていますが、

 

どとらもお気に入りの性能、

 

使えば使うほど、ハイエンドのスティーズの事が気になりはじめ、

 

物欲にまけて、購入、

 

 

ジリオンSV TWの性能が良いのだけれど、

 

個体差だと思われる、フレームとサイドカップのチリの合わせ目が、ビミョーに隙間が有る事が気になって、

 

「やっぱり、Made in Japanがほしい」

 

それで STEEZ A TW を購入することにしました。

 

STEEZ A TW箱の裏

 

ジリオンやタトゥーラもアルミフレームなのですが、

 

マグネットブレーキのユニットの部分もアルミのSTEEZ A TW

 

愛用のロッドに取り付け、ロッドの先を優しく壁をチョンと触ると、

 

ジリオンとはまた違う、はっきりした振動が、リールに伝わり、観劇

 

感度が良いから、アルミフレームにこだわっていた私なのですが、

 

振動を増幅させてるとしか思えないパーミングしてるリール本体からの振動

 

思わず笑顔になっちゃいました。

 

ノーマルスプールには10ポンド100m

 

RCS 1012 SV スプール G1 には8ポンド100m

 

また色々なルアーを投げてみたいと思います。

 

 

ダイワ リール スティーズ A TW 1016HL

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

続きを読む≫ 2018/04/19 20:08:19

 気温も高くなってきたので、ジリオンSV TWを試したくて、色々投げてみました。

 

ラインは、フロロの8ポンドを100メートル巻いて、

 

ロッドは、お気に入りの、エバーグリーン テムジンガゼル TMJC-63ML 1/8〜1/2オンス

 

ホーネットのベイトフィネスロッドもあるのですが、

 

ミノーのツィイッチには柔すぎなので、硬めのガゼルにしてみました。

 

まず始めが ゲーリーヤマモト 40イモグラブノーシンカー「上部画像」

 

イモグラブ40は前にも使ってみたので、確認済みですが、けっこう飛びます、

 

空気抵抗が少ないからだと思います。

 

 

続きを読む≫ 2018/04/01 17:10:01

 ウエーダーをはいて、腰まで水につかると、

 

ショルダーバックの底が濡れてしまい、

 

中身がずぶ濡れになった経験から、

 

底から水が浸入しないバックが欲しいと思っていたら、

 

友人が使っていたのが GERRYのショルダーバックでした。

 

 

思わず私も購入、

 

 

突然降りだした雨でも大丈夫、

 

回りが厚手のナイロンでできているので、

 

ウエーディングで、ショルダーの底が水の中に入っても大丈夫、

 

容量が、ポリタンク1個「18リットル」有るので、

 

ルアーなどの他にレインウエアをたたんで収納しています、

 

ウエストバックとかだと、パンパンに詰め込みがちな私には、

 

すごく助かるバックです。

 

 

ついつい増えてしまうルアーとワーム、

 

使う分だけ入れる様に努力はしてるのだけど、

 

増えちゃうんだよね。

 

 

入れすぎるととっても重くなるから、

 

がんばって軽くする努力を行っております、

 

内側には、メッシュのポケットが3個だけ

 

シンプルな構造が、意外と便利に思ってきたこのごろです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

 

 

 

続きを読む≫ 2018/03/29 19:43:29

 最近お気に入りのフック

 

縦アイもだけど、

 

ネックの部分が長いから、ワームを付けるとき、

 

深く差し込むから、ずれにくく、切れにくい、

 

村上晴彦さん、すごいです、

 

今回紹介するのは、細めのワーム用、

 

浅めのゲーブで、

 

縦アイだから、ワームが自由に動き、

 

ヘビダンのフックから下のラインの太さを変える事が出来る様になりました。

 

横アイだと、ワームがねじれちゃうけど縦アイだから、ねじれたりしないし。

 

 

フック下のラインを細くすると、シンカーが根がかりしても、

 

ワームとフックの回収率があがりました。

 

 

考えられた、縦アイ、

 

フックのカーブもオリジナルだし、

 

テフロン加工のおかげで、フッキングの刺さりも良いとおもいます。

 

小さめの針を使いたいと思う様になった私には、すごくツボにはまりました。

 

 

フックが大きいと、小さめのバスがかかった時

 

目を裏から射してしまいそうで、危ない刺さり方してた時がありました。

 

小さめの針で、ダメージを少なくしたいな〜って思っていた時に、

 

このフックに出会ったんです。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

続きを読む≫ 2018/03/26 21:38:26

 カッターナイフとかで代用してたけど、

 

形が気に入って、愛用しています、

 

グリップはカーボンみたいだけど、樹脂みたいにしなったりしません、

 

めちゃくちゃ固いグリップ。

 

裏に、ペンみたいに止めのクリップが付いてます、

 

 

私のやぶこぎの必需品です。

 

いろんなナイフを見てみたけど、

 

やっぱり、BUCKのデザインが気に入ってます。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

続きを読む≫ 2018/03/22 21:29:22

 ウイードが多ければ、ヘビキャロなんだろうけど、

 

ダイレクトに当たりを感じたくて、ヘビダンがお気に入り、

 

テキサスのずる引きも大好きで、カバーとかなら、ラバージグとかテキサスなんだけど、

 

ボトムの変化をダイレクトに感じられる、ヘビーダウンショットが気に入っています。

 

 

5センチ動かしてラインを緩め、5センチ動かしてラインを緩め、

 

ボトムの地形をなぞる様に、深くなればラインを送り、

 

浅くなれば巻きとってを繰り返します。

 

 

まだまだ、早い動きのルアーには反応が出てないので、

 

ヘビーダウンショットがお気に入り、

 

 ゆっくりねちねちやっております。

 

 

回りで誰もやっていないから、

 

良く釣れるともいえるかな?

 

続きを読む≫ 2018/03/14 21:29:14

 色々ためしたのですが、

 

今のところお気に入りのヘビダンシンカー

 

 エサ釣り用の、ナス型重りなんかを使っていたのですが、

 

根がかりが半端ない、

 

そのたびに、ワームとフックがロスト

 

やはり、フックの結び目がやられちゃいます。

 

 

 たまに釣りに行くぐらいなので、高級品のタングステンシンカーを何種類か購入、

 

長いシンカーだと、警戒されるみたいで、当たりがかなり減ります。

 

一番短くて、根がかりが少ないのが、RYUGI DS HEAVY DELTA でした、

 

水中で倒れても、三角形の形状なので、転がらないから、岩の裂け目とか、石の間にはさまりにくい、

 

根がかって、ラインを引っ張って切ろうとして、スコッと抜ける事が多々有り、

 

お気に入りのヘビダンシンカーになってしまいました。

 

 

重さによって、

 

重いものは、カンになっていて、結ぶのですが、

 

5gくらいまでは、ラインを挟むだけで止まるタイプになっていて、ラクチンです。

 

 

根がかりが少ないから、財布にやさしいシンカーだと私は思っています、

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

 

 

続きを読む≫ 2018/03/13 22:14:13

 村上晴彦さんプロデュース 浜キャロロケット、

 

気になっていたので購入

 

 

圧倒的な飛距離、

 

風の抵抗の関係なのか、

 

すごく飛びます、

 

 

ヘビキャロにはすごく良い感じがします、

 

 

ヘビダンでは、私の場合、だめでした、

 

 

少し長い棒なので、バスか警戒、

 

キャロにすると釣れるから、不思議

 

 

ちょっと気が付いたんだけど

 

やはりシンカーでの感度の違いがあるみたい

 

タングステンほどでは無いけど

 

鉛より、ボトムの感触がロッドに伝わって着ました、

 

ちょっと硬い素材なの」かな?

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 


ルアーランキング

 

続きを読む≫ 2018/03/01 19:27:01

 ヘビダン、10グラム以上のテキサス、ラバージグ、20グラム前後のハードプラグなどに使用

 

新しい、モデルも出るみたいですが、今のところお気に入りのベイトリールです、

 

私の癖みたいな、レベルワインダーのウォームシャフトの両サイドにベアリング追加、

 

ハンドルノブにも2個追加、

 

以前書いた、ジリオンSV TW と同じベアリング

 

ボールベアリングが4個追加されて、12個になり、

 

巻き心地はすこぶる良好だったのですが、

 

かっ飛びチューニングキットAIR HD【1150AIR HD&1030AIR HD】【AIR HDセラミックベアリング】に交換、

 

ダイワBLACKLABEL+721MHFBで、14ポンドラインで、5グラムくらいからOK、

 

7.3/1のギヤ比なのですが、とてもシルキーな巻き心地で大満足、

 

セラミックベアリングに交換するだけで、巻き心地はかなり変化、

 

 

ルアーの飛距離は、へたくそだから、変化はあまり感じられないですが、

 

14グラムのテキサスのピッチングの弾道が、激変

 

浮き上がりを押さえて、低い弾道で打ち込める様になったのがうれしい、

 

へたくそな私の腕が上がったと思わせてくれた時は、とても喜んだのだけど、

 

「セラミックに変えたんだ」と我に返って、ちょっと落ち込み、

 

 

でも、思っていた所に入る回数が格段に増えた、

 

バッククラッシュだって、ほとんど起こらない、

 

21グラムのヘビダンを マグネットブレーキ2でフルキャスト出来た時は感動もの

 

それも着水の時のサミングだけで〜。

 

 

14ポンド80メートル巻いてたけど、ラインが足りなくなる寸前、

 

真ん中に、ラインがちょろっと残っていただけ、危ない危ない。

 

でも、100メートル巻くとブレーキ2では厳しいかもしれないから、

 

80で我慢かな〜

 

 

重いウエイトだと、ジリオン SV TWより飛距離が安定してでるので、気に入ってます、

 

なんたって、私がへたっぴだから、

 

良く飛ぶ確率の高い方が、TW 1516SHLなのです。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

にほんブログ村

 



ルアーランキング

 

 

 

続きを読む≫ 2018/02/27 20:59:27

セダンの室内に乗せる事が出来る、7フィートクラスのロッドを探していて、選びました。

 

グリップが脱着式だから、感度が心配だったのですが、グリップを付けずにテップをそっと干してたタオルにこすり付けて感度を確認、

 

今度は、グリップを付けて確認、

 

グリップを付けてる方が感度が上がっています〜

 

グリップに振動を増幅する仕組みが有るのかもしれませんね〜

 

7フィート2インチなのに、持ってみると、「軽い」と感動します。

 

ブラックレーベルシリーズの良い所をもっとよくして生まれたんだな〜て思っています。

 

5g〜28gまで使えるのがうれしい〜

 

さっそく、スモラバ3.5gを14ポンドラインでキャスト、

 

入魂に成功、すごく元気なキーパーサイズのバスがつれました。

 

 

リール、ジリオンTW 1516SHL
スプールベアリングは、かっ飛びチューニングキットAIRのセラミックベアリングに交換済みなので、楽にスモラバも投げれちゃいます。

 

3.5gのスモラバにトレーラー付けたら、5gくらいかな?

 



 

18gのバイブレーション をキャストすると、スプールの残りラインが・・・

 

かなりぶっ飛びます。

 

手元に伝わる振動が、半端ないです〜

 

水草に当たった瞬間とかも一瞬「当たりかな?」って、あせってしまうくらいの感度です。

 

軽いルアーは、テップだけで飛んでく感じだけど

 

ルアーが重くなると、ロッド全体でしなる感じのキャスト。

 

 

つぎからは、これ1本で釣りたいと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 

続きを読む≫ 2018/01/21 19:05:21

ジリオンSVTWとタトゥーラSVTW

謹賀新年

 

今年もよろしくお願いいたします。 

 

今年、一発目のブログは、お気に入りベイトリール2個を比べてみました。

 

 

タトゥーラを先に購入した事で、ジリオンが気になって購入、

 

どちらも6.3/1の同じギヤ比

 

まずは色が違う事

 

タトゥーラは、黒っぽいガンメタリックなのに対して、ジリオンは、少し青みがかったガンメタリックです。

 

艶は同じくらいかな〜
少しタトゥーラが艶っぽい感じ

 

重さ、

 

ジリオンが、195g
タトゥーラが、200g

 

5gの違い あまり解らない感じ

 

フレームの素材が同じスーパーメタル(高強度アルミ)製のフレームなので

 

剛性感と感度は同じだと思います。

 

ハンドルが、ジリオンが90mmなのに対してタトゥーラが80mm

 

ギヤ比が高いと違いがわかる重さになるかもしれないけど、あまり違いは解りませんでした。

 

糸巻量は、どちらも14ポンドが45〜90m

 

12ポンドだと、100mでちょうど適量巻けたよ。

 

ブレーキの違いは・・・

 

私の腕では、違いがわかりませんでした。
どちらも、4インチワームに1gのネイルシンカーを入れたネコリグがカッ飛びます。
ベイトフィネスロッドで30〜40mは飛んでます。

 

どちらも、軽いウエイトのルアーも重いルアーもストレス無く投げれちゃう

 

一番驚いてるのが、MHのロッドで、3gくらいの、40イモグラブノーシンカーが投げれちゃう事

 

ベイトフィネスリールの出番は・・・

 

20有るブレーキのメモリを12くらいで、ネコリグが、ノーサミングで投げれる楽ちんなリール、

 

そして、セッティング次第で過去最高クラスの飛距離に、

 

サミングしないといけない領域では、
「こんなに飛んじゃうんですね〜感動!」

 

TWのおかげで、飛距離は格段に上がっています。

 

突き詰めていくと、ジリオンとタトゥーラの違いが見えてきました。

 

シャフトレススプールとシャフトスプールの違いだと思われますが、
キャスト後の最後の伸びが、ジリオンに軍配が上がります。

 

マグネットブレーキが6ぐらいから、飛距離の違いが出てきました。

 

ただ、軽いルアーを多用するなら、ジリオンSVTWの34mmスプールよりも、タトゥーラSVTWの33mmスプールの方が飛距離が出ます。

 

ルアーウエイトが7g以上なら、ジリオンSVTWの方が良く飛んで、
ルアーウエイトが7g以下なら、タトゥーラSVTWの方が飛びます。

 

※巻心地

 

過去に、巻き心地で、ダイワさんからシマノに変わってシマノを愛用、銀スコーピオンメタニウムXT、カルカッタ、アンタレス、と使ってみたので、巻き心地にはうるさい私。

 

シマノに引けを取らないタトゥーラSVTWの巻き心地だとかってに思っている私だったのだけど、

 

ジリオンSVTWの、大口径タフデジギヤ(ハイパー仕様)と、スピードシャフト機構の違いで、
シルキーな巻き心地〜

 

だめだ〜ジリオンの巻き心地を体感しちゃうと、スティーズのアルミフレームが気になりだして・・・

 

巻き心地でどちらと言われれば、ジリオンSVTW、
巻物には最高の滑らかさだと思います。

 

ギヤ比が高くなるともっと違ってくるのでしょうね〜

 

巻き心地を比べちゃうと、値段の違いが顔を出しますが、

 

タトゥーラの巻き心地がスムーズな感じなんだけど、
ジリオンはシルキーな巻き心地とでも言えば違いが解ってもらえるかな〜

 

クラッチを切る時の重さは、ジリオンが少し軽く

 

ハンドルのスタードラグをリールを持った手で回す癖が有るのですが、ジリオンの方がタトゥーラより軽く戻ります、

 

この辺は、個体差とかが関係するのかもしれないので、なんとも言えない所だと思います。

 

ここまで、私の勝手な思い込みで書いちゃいましたが、1年使い倒して、違いが出るかどうか、また検証したいと思っております。

 

私の使い分けとしては、

 

ベイトフィネス〜シャッドには、

 


ダイワ(Daiwa) ベイトリール タトゥーラ SV TW 6.3L

 

巻物、テキサス、ラバージグには、

 

 

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ジリオンSV TW 1016SV-HL(左巻き)

 

最後に、どちらが優秀なのかとかは、断言はできませんでした。

 

デザインは、タトゥーラがおしゃれな感じ、ハンドルもスティーズと同じデザイン

 

ただ、ジリオンは、しっいかり巻けるハンドルノブが付いていて、冷たく無いのがうれしい
ジリオンのデザインは、「タフネス」を強調してるんだと勝手に思っています。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/12/31 23:35:31

エアエッジ・E661MHB・E

 テキサスのずる引きで、障害物を回避するのが楽なロッドを検索中に、みつけました。

 

今持ってるMHのロッドだと、ロッドテップが柔らかいので、食い込みは良いけど、いまいち根がかりを起しやすいから、もう少しテップが固くて、冷たく無いコルクグリップで、お手頃なロッド模索中、

 

そんな時にダイワさんのサイトで、見つけたのが661MHB・E 

 

※ダイワのホームページより
661MHB・E
高弾性HVFカーボンのスティッフかつ短いティップセクションとベリーで急激に立ち上がるファストテーパーを採用しており、ショートディスタンスのジグ撃ちやリアクションテキサス、ディープのフットボールなど、メリハリのあるアクションをさせるのが得意。ショートレングス&ファストテーパーはショートレングスのメリットを生かした釣法に合わせたテーパーデザイン。手返しの良さとスティッフなティップ特有の手元に響く感度とカバーの回避能力を生み出し、フッキングストロークが稼げない部分も加味してティップからバットまで張りのあるファストテーパーにすることでストロークを補う設計思想がそこにある。スティッフなティップだからこそ、操作時には適度なラインスラックでバイトを出しやすい状況を作ることができ、スラックを出したリトリーブで巻き物への対応も可能な撃ちモノロッドに仕上がっている。

 

実は、6101MB・Eとも悩んだのですが、2メートルオーバーは、セダンの車に乗せるのは・・・
乗らない事は無いとは思うけど、実際、やぶこぎには向かないな〜って思って・・・

 

 さっそく、ボナンザを塗っては乾かしふき取り×3回

 

新品のロッドでも、汚れています、

 

表面にフッ素コートを行う事で、傷防止〜詳しくはこちら「ボナンザコート

 

X45
ロッドは、カーボンのシートをコロコロ丸めて作っているのですが、X45は、
縦に丸めたカーボンシートを軸にして繊維方向が45度の角度でカーボンシートを巻き付け、新たに軸のカーボンシートに対して逆の45度でカーボンシートを巻き付ける事で、カーボンシートをクロスさせる事でねじれを押さえる構造になっています。

 

HVF
カーボンシートをまとめるためのレジンの減らして、高密度にするダイワの技術

 

BRAIDING X
カーボンのテープをクロスする様に、表面を締め上げてる補強、パットからテップまで、補強されています、
これも、ロッドの強度とねじれを押さえる技術

 

なんだか、良く解らなくなって・・・

 

様は、軽いけど強い、
固いけど、しなやかで、ねじれないのかな〜なんて、

 

竿先が柔らかいと根がかりしやすいから、固いテップになってるらしい・・・

 

ラインスラッグを使って、小さな当たりは取りなさいってことかな〜

 

さて、使ってみないと解らない事ばかりだけど、

 

自分の理想のロッドを選んだつもりです。

 

ダイワ(Daiwa) バスロッド ベイト エアエッジ 661MHB・E

 

さて、吉と出るか、凶と出るか、使ってみたいと思います。

 

使うのは、来年かな〜

 

大蔵省の購入許可が下りて良かった〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/12/31 00:21:31

 車のトランクに収まるベイトフィネスロッドを探していました。
最初は、「竿先が柔らかいロッドは感度が悪いから、デザインと予算で選べばいいや〜」ぐらいの気持ちで
ホーネットスティンガープラス、652ML BF MGSを選んだのでした。

 

コルクグリップだと、冬に冷たく無くて、濡れても滑りにくいから、コルクを探していたけど、
オールコルクだと、デザインが・・・

 

それから、2ピースの接手が印籠つぎが良いと〜

 

探していたら、ホーネットになっちゃいました。

 

これが印籠つぎ

 

 

竿先が細いから感度は期待していなかったのだけど、

 

 

ナノカーボンのおかげなんでしょうね、2ピースなのにすごく軽く 118g

 

ビンビンの高感度、

 

軽いルアーが投げられれば良いと思っていたのに、ボトムの様子を忠実に伝える高感度、

 

一応、釣具屋さんで色々試してはみたけど、2ピースの中ではかなり良い方だとは思っていたけど、

 

ラインを通した感度は、驚きの一言、

 

マイクロガイドが、ロッドに振動を伝えるからなのでしょうね。

 

クロスに巻かれたカーボンのおかげで、40アップとのやり取りに余裕がありました。

 

 

 

7gまでのルアーなら何でも有りだと思います。

 

3.5グラムのシンカーを使ったテキサスとかスモラバとか、
スピニングタックルじゃないと投げられなかった軽いルアーも、タトゥーラとの組み合わせで、

 

ノーサミングで4インチワームが、気持ちよく飛んでゆきます。

 


アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ホーネットスティンガープラス HSPC-652ML-BF MGS

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

続きを読む≫ 2017/12/22 20:06:22

 タトゥーラの性能が良すぎたため、上位機種のジリオンが気になって、購入

 

さっそく、タックルにセット

 

ロッド、
エバーグリーン、テムジンコブラ
リール
ダイワ ジリオン SV TW 6.3/1
ライン
シーガーR18BASS 10ポンド

 

10ポンドラインを100mほど巻いて、

 

ファトイカをセット、20までメモリが有るマグネットブレーキを12ぐらいまで下げてキャスト、

 

すばらしい飛距離だけどまだ緩められそうなので、徐々にゆるめて・・・

 

最終的には、ノーサミングで使える5メモリに落ち着きました。

 

キャストがへたくそな私、
サミングを気にせずに、思いっきりロッドを振れるジリオンをまたまた気に入ってしまいました。

 

もちろん、ブレーキ5で、#1フックの、40イモグラブも強い風の中を飛ばす事が出来ました。

 

風が強かったので、飛距離は、タトゥーラと同じくらい・・・
詳しくは、比べてみた記事を書こうと思います。

 

スピナーベイトを楽々巻けちゃう〜

 

6.3/1を選んだ理由でもありますが、

 

ハンドルを回す時に、軽く回るので、ロッドを押さえつける感じにならないので、ボトムの変化とかの感度が上がりました、

 

強化アルムフレームと言う事も有り、感度は取れもアップしてるみたい・・・

 

4週間前までは釣れてたワンドでキャスト練習と、ルアーによる使い心地のチェック

 

スピナーベイトを引いてる時、水のヨレが起こってる場所なのか、かすかに振動が変わる場所が有り、今まで気にも指定なかった変化を感知出来たよ〜 感動です。

 

ライトテキサスでは、

 

かなり深いボトムに、体積した落ち葉だと思っていたら、水草だったり、

 

レイダウンから岩に変化するボトムだと思っていたのに、境目にジャリの層が有る事が解ったり・・・

 

沈んでる木の枝みたいな感覚のモノが有る事も見つけました。

 

水温が下がっていなければ、その近辺にスクールが集まってるのにな〜

 

ジリオンを買って正解でした、

 

 

ノーサミングで安心してキャストできちゃうのに、飛距離も素晴らしい、

 

サミングを行って、ブレーキを弱めでキャストすれば、かなりの飛距離が出るのではないでしょうか?

 

高感度、高剛性、なのに、

 

ルアーを選ばずに、キャスト出来ちゃう高性能

 

お気に入りのベイトリールとなりました。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/12/18 20:11:18

 タトゥーラの性能が良くて、ついにジリオンにも手を出してしまいました。

 

ギヤ比
6.3/1
自重
195g
ベアリング数
ボールベアリング8個
ローラーベアリング1個
最大ドラグ5キロ
14ポンド、45〜90m
16ポンド、40〜80m

 

布でできた袋はついていません・・・

 

少し、青みがかったガンメタリック

 

※メーカーより

タフコンセプトに初のSVスプール
「TWS」 が 「SV コンセプト」 との相乗効果で真価を発揮。タフコンセプトのエース 「ジリオン」 がG1ジュラルミンSVスプールを搭載して新時代の快適さ・バーサタイル性能を手に入れた。TWS(T-ウイングシステム)が「これまで以上の飛距離」、大口径タフデジギヤ(ハイパー仕様)が「力強い巻取り」を可能にし、伝統のスピードシャフト機構が両者をよりスムーズにしている。淡水・海水を問わず、フィネスゲームからパワーゲームまで幅広く活躍。

 

アルミフレームと、4インチワームのノーシンカーが投げられる性能に引かれます。

 

バッククラッシュしない性能はタトゥーラと同じみたい

 

ただ、ギヤの作りとか、ベアリング数や、ドラグの性能、など、色々な事が作り込まれてるみたい・・・

 

ついつい買ってしまいました。

 

 

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ジリオンSV TW 1016SV-HL(左巻き)

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 

続きを読む≫ 2017/12/17 18:51:17

 昨日、17年3月発売のTATURA SV TWを使ってみました。

 

使いなれた、20年来の相棒、テムジンコブラにセット、

 

最初に使ったのが、

 

ファトイカのバックスライドセッティング、ノーシンカー

 

メカニカルは、ほぼ0で、マグネットはメモリが20有るのですが、17くらいからスタート、

 

岸から離れた場所に70センチほどのブイがロープで固定されていて、その下に滑りこませる感じで、40アップを釣った実績が有るポイントにキャスト、

 

見事に、ブイを飛び越えて行きます・・・・

 

「あれ?」

 

風はほぼ無風に近いか、少し向かい風のそよ風・・・

 

とんでもない飛距離・・・

 

今度は、少し軽くキャスト、

 

思った所にピンポイントで命中って、ブイに当てちゃダメダヨ〜

 

少しづつブレーキを緩めて行き、5ぐらいでフルキャスト、

 

今まで届いた事の無い未知の世界に突入しました。

 

どう見ても、いつもより15mは飛んでます。

 

次は、イモグラブ50ノーシンカー

 

やはり、いつもよりも飛んでいます。

 

そして、思い切って、イモグラブ40ノーシンカー

 

ベイトフィネスのリールとロッドで無いと難しいセッティング

 

ダイヤル6で、ノーサミングで飛んでゆきます、

 

ラインが11ポンドのナイロン、

 

飛距離にして、約40メートル

 

着水のサミングだけ出来れば、後はノーサミング、

 

ピッチングだって、楽々・・・

 

MHに近いMのロッドで、イモグラブ40ノーシンカー

 

たぶん3グラムちょっとのはずなのに・・・

 

ロッドに重みを載せる感覚は無いけど、飛んでゆきます。

 

 

次に、7グラムシンカーのテキサス、

 

飛びはもちろんですが、気が付いたことが有ります。

 

リールのフレームの違いで感度が違う事、

 

いつもは、PROMAX3を合わせて使っていたのですが、たまたま、 DECIDER7 を付けた時、感度が良くなった様に思ってはいたのですが、

 

タトゥーラのボトムの感度が、ナイロンラインなのに、段違いでビンビン手に伝わります。

 

私が、アルミフレームに今回こだわって探していた理由、

 

フレームの素材で、手に伝わる感度が変わる事が立証。

 

あとは、ギヤ比を6にしたことで、ロッドを持つ手に力を入れなくてすむ事も、感度に関係が有るのかもしれないのかな〜なんて、

 

スピナーベイト、クランク、バイブレーション、など色々投げてみましたが、楽の一言、

 

軽いキャストで、いつものポイントに決まります。

 

 

重いルアーから、軽いルアーまで、ストレスを感じないまま、気持ちよくキャスト出来る喜び、

 

サイドキャスト、バックハンド、スキッピング、オーバーヘッド、フィリップキャスト、などなど、色々投げてみました。

 

 

一番のお気に入りリールになってしまいました・・・

 

次のリールが欲しくなってきそうな予感が・・・

 

冬場は、アルミフレームは冷たいよ〜

 

手袋買わなくちゃ〜

 

 


ダイワ(Daiwa) ベイトリール タトゥーラ SV TW 6.3L

 

マグネットのセッティングと、着水の時スプールを押さえる事が出来れば、ベイトリール初心者でも簡単に始められると思う一台だと思います。
ラインをスプール半分くらい巻いて、4インチカットテールのノーシンカーとか、ネコリグ、ワッキーとか・・・

 

投げれちゃう性能を持ってるリールです、
それも、固いロッドなのに・・・

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/12/11 21:33:11

 アブのベイトリールを探していたはずなのに、

 

バッククラッシュしにくい楽チンなベイトリールを見つけちゃいました。

 

実は、かなり前ダイワTD-S 105HVL と言うベイトリールを使っていた時、

 

たしか、2グラムのスプーンを投げてました。

 

その後、TD-Zを買ったのですが、ブレーキが・・・

 

シマノのメタニウムXTに買い替えた記憶が・・・

 

今年の3月に発売になったタトゥーラ SV TW 
最新のダイワのリールを試したくて購入してしまいました。

 

探していたスペックは、

 

アルミボディーで、糸巻量が多く、軽いルアーが投げられて、
かっこよくて、マグネットブレーキで、ギヤ比が6/1ぐらいのモノで、
2万円までで買いたいと・・・

 

ドンピシャではまったのが、タトゥーラでした。

 

ギヤ比が3種類あり
6.3/1
7.3/1
8.1/1

 

糸巻量が、
16ポンドが80メートル
14ポンドが90メートル

 

重さが200g

 

スプールが軽いジュラルミンなので、糸巻量を少なくして、細いラインを使えば、

 

常吉を余裕でピッチングしたり、キャストしたりできるみたいデス。

 

明日、小雨が降ると言われてますが、

 

頑張って、テストしたいと思います。

 

今回、11ポンドのナイロンラインが手元に有ったので、
ナイロンラインのテストもかねてがんばります。

 

定価が、税抜きで、25,900円

 

近くの釣具屋さんが、2万円前後・・・

 

アマゾンだったら、送料無料の、17,465円・・・

 

思わず買っちゃいました。

 


ダイワ(Daiwa) ベイトリール タトゥーラ SV TW 6.3L

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/12/09 21:21:09

 ワームの形状とか、太さで、フックのゲーブ、フックのふくらみ具合を変えています。

 

ストレートワームなら、浅いモノ、

 

ホッグ系の太いモノは深いモノ、

 

後は、ラインの太さに合わせて、

 

細いラインなら、軸が細くて、優しい合わせで、フッキングが出来るモノ

 

太いラインなら、ラインに負けない太いフックと言う具合にしていますが、

 

浅いゲーブのフックで当たりが有るのに乗らない時は、

 

深いゲーブに変えてみたりします。

 

ただ、ほんの少し重くなるので、当たりが出なくなる事もあるから、

 

#2/0を使っていたら、#2に変えてみたり、

 

ラインとフックを結ぶ練習にもなるので、色々変化を楽しんで獲物を探し、

 

釣れたでは無く、釣ったと実感出来る様に心がけています。

 

1匹釣れると、

 

「なぜ釣れたのか」を考えます。

 

色々な推測が出来るので楽しんで、次の魚をキャッチ、

 

寒くなるとやはり少しでも水温が高い所に集まっているので、

 

場所を見つけると、数が釣れたりしますよ〜。

 

さあ、今日もひと眠りしたら、バスを探しに行こうと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2017/12/03 00:39:03

 画像を見てもらえれば解ると思いますが、

 

新品の時から使うと、粉が出たり、傷が入ったりしないので、つなぎのロッドには使用してるワックスが有ります。

 

 実は、シーバスにはまっていた時期が有るのですが、

 

一晩中キャストしてると、ロッドが抜けて飛んで行くなんて事がたまに起こりました。

 

夜だから、ロッドのゆるみとか見えない・・・

 

抜けない様にがっちり押し込むと、今度は抜けない・・・

 

ガイドを持って回してしまうと、ガイドが壊れて・・・

 

最悪、つなぎ目が壊れてしまった事も有ります。
もちろん修理は高額でした。

 

そんな事が有って、つなぎ目に塗るワックスを探し愛用しています。

 

ロッドのつなぎ目用のワックス、

 

リップクリームみたいな入れ物で、薄く塗るだけ、

 

つなぐとき、塗ってないと、「ス〜」と言うか乾いた感じがするのですが、ワックスを塗ると「ぬぬ〜」て、感じます、

 

それでいて、一晩中キャストしても、つなぎ目か回ってしまったり、抜けたりも無くなりました。

 

そして外す時、「ぬ〜ポン」みたいな感じで楽に抜けちゃうから不思議

 

修理が必要なほど、継ぎ目にガタが出たり、割れていたりしたら効果は有りませんが、

 

抜け止めと、外す時に楽に抜くために、私は愛用しています。

 


スミス(SMITH LTD) ロッドフェルールワックス

 

 抜けかけで、シーバスを釣ってしまい、UFMウエダのロッドを壊してしまった・・・

 

その時は、まだ会社が有ったから、修理が出来たのですが、

 

今は、もう会社が・・・

 

塗っておくと、ジョイントを気にしないで釣りが出来るから、安心です。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/11/27 17:17:27

 ボトムを感じながら釣るのが好きなので、多用しているテキサスリグ、

 

今のお気に入りが、
ゲーリーヤマモト:タングステン・スゴイ・シンカー 4g

 

オーエスピー ドライブクロー 3inch

 

実は、2インチだと、ギルのすごい攻撃で、あっと言う間に、爪とかヒゲが無くなって行きます。

 

3インチだと、バスの反応しか無いと思います。

 

たまに、ひげをやられていますけど、 仕方ない・・・

 

見た目にもリアルなエビです、

 

それに、フックを射すセンターのマークとか、

 

ハリ先を隠すための凸凹とか、すごく気に入っています、

 

厚みが無いので、浅めのオフセットフックを使い、食い込みを良くしてるつもり。

 

 

それから、ガラスのビーズをいれて、音でもアピール、

 

ビーズ有りの方が、今の所釣れています。

 

 

たまに、プラスチックの黒いビーズとか、パールホワイトとか、色々使い分け。

 

 

基本、ボトムを感じながらずる引き、

 

鉛のシンカーだと大きくなって、根がかりが増えるから、タングステンを選んでいます。

 

 

休日にしか出来ない釣りだから、

 

ちょっと高いけど、タングステン、

 

ダウンショットだと鉛を使ってます。

 

何でだろう?自分でも解らない・・・

 

さて、日曜日まで、頑張って働こうっと〜

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

続きを読む≫ 2017/11/21 21:15:21

 

 もう20年以上愛用している、テムジンガゼルとコブラ、

 

実は、メーカーでボナンザフッ素コートが施されていました。

 

 

新品なのに、そっと岩に立てかけて、ルアーを結びなおしてる時に突風が・・・

 

ロッドが、音をたてて岩の上に倒れてしまい、傷だらけになったと覚悟しました。

 

でも、良く見ると、傷が無い・・・

 

「どうしてなんだろう、擦り傷だらけのはずなのに・・・」

 

その時、ボナンザの事を知りました。

 

 

画像は、今現在の、ガゼルです、EVAはちょっと白くなってきましたが、

 

ロッドの輝きは保っていると思います。

 

 

清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った5万円のテムジンガゼル、

 

釣りに行くたびに、水洗いをしてふき取り、ボナンザを塗って、白く乾きかけたら軽くふき取っています。

 

 

ロッドもですが、リールにも塗っています。

 

ロッドアクションしてて、テトラや岩に「コン」と誤って当ててしまった時とか、傷が入っていないか、確認した事が何度も有りますが、

 

私の場合、軽いタッチ程度なら、傷が入った事が有りません。

 

もちろん、リールにも塗っています。

 

塗る理由は、傷の防止と、雨でロッドが濡れた時、ラインがロッドに引っ付かない事、

 

水が悪い時、ロッドが汚れても、水洗いで落ちる事、

 

今の所、不満は無いです。

 

今後も愛用して行くと思います。

 

ちょっと塗り込んで、軽くふき取るだけの、傷防止、

 

ボナンザは手放せないアイテムの一つです。

 

 

ボナンザ(BONANZA) ボナンザ ワンタッチ 50g

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2017/11/16 22:04:16

 長年愛用しているフック外し ダイワ D フォーセップS TYPE B

 

子バスが釣れちゃうと大活躍しています。

 

 

口から指が入らないとか、

 

エラのすき間から差し込んでフックを外したり、出来る限り魚にダメージを与えない様にと使っています。

 

 

実は、スミスのフォーセップを愛用していたのですが、妻の太刀魚用にプレゼントしちゃいました。

 

ハリをはさんで、ストッパーをかけると、ガチっと挟み込んで、小さなすき間でのフック外しがやりやすいので、太刀魚の鋭い歯でケガをしないために・・・

 

同じモノを探していたのですが、見つからなくて、ほぼ同じ形のフォーセップを見つけたら、ダイワさんでした。

 

 

ラインカッターも付いているので、便利、

 

ピンと張ったPEラインなら一発で切れます。

 

 

さすがに、下手な私が飲まれてしまった時は、おえおえ棒を使います。

 

 

これも便利なので、タックルバックに入れています。

 

小さな口のバスが釣れた時は、

 

フォーセップがとっても重宝しています。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/11/15 20:01:15

 

 MHのロッドに合わせるために、リール選びをしてたのですが、
最近のアブの性能に引かれ、楽ちんなマグネットブレーキにも心引かれてしまい。

 

プロマックス3を購入、

 

ブラックの本体に、ゴールドのアクセントが光ります。

 

ベアリングの数は8個、

 

16ポンドが 115メートルのキャパ。

 

ギヤ比は、7.1:1と そこそこのハイギヤ

 

自重は207gと少し重いけど、 しっかりした感じのフレームです。

 

キャストした感じは、ごく普通に飛びます。

 

 

もっとなれれば、飛距離も出そうです。

 

ブレーキをマックスにすれば、サミング無しの楽ちん仕様、

 

ボートからのピッチングとかには良いかもしれません。

 

 

 

ハンドルのつまみの外側にはベアリングが入っているけど、内側はプラスチックのリングだけ・・・

 

魚がヒットした時は、重い様に思いました、

 

やっぱり、ベアリングを追加しようとたくらみ中です。

 

 

巻物系や、ラバージグには丁度良い性能では無いでしょうか。

 

お店によっては、かなり価格が違ってるので、調べてから買った方が良いと思います。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2017/11/06 21:34:06

 

 アルミフレームが気になって、購入した DECIDER7

 

14ポンドが100m巻けるスプールと、8ポンドが100m巻けるベイトフィネススプールがセットになってるのも気になって購入

 

7.1/1のギヤ比も注目。

 

それに、シャフトが長いので、巻き心地はとってもスムーズ、

 

巻物には良いとおもいます。

 

ベイトスプールだって、40イモグラブのノーシンカーを、気持ちよくキャストできちゃう性能、

 

なんと言っても、純正で3mmのマグネットブレーキが使われているので、REVO LTX-Lより、ブレーキは強力

 

そして、2個のマグネットホルダーが付いてるから、3mmマグネットが7個セット出来ちゃいます。

 

強力なんだけど、柔らかいしっかりしたブレーキフィール

 

スプールのガタが消える所のメカニカルブレーキで、

 

マグネットは3クリックくらいで十分私の腕をカバーしてくれました。

 

 

何より、強いブレーキなのに、巻き取りが軽い、

 

 

シャフトが長いのでスプールは重いけど、気持ち良い使い心地は素晴らしいです。

 

お気に入りがABUになっちゃった感じです、

 

 

 

アブガルシア DECIDER 7 (ディサイダー7) ベイトキャスティングリール 左ハンドル  DECIDER7-L  Abu Garcia◆

 

魚をかけて、糸が出てゆくときに、チチチチと音が出て教えてくれます。

 

ベイトリールでドラグ音が出るのには驚きました。

 

アルミボディーのしっかり感は気持ち良いです。

 

何と言ったら良いか、思い当りませんが、剛性がすごく高いベイトリールだとおもいます。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/11/03 20:32:03

 全開紹介した、652ML-BFがすごく良かったので、もう一本固いロッドが欲しくて購入、

 

なんと言っても、私が一番得意なテキサスを楽しく行えるロッドを検討

 

652MLが7gまで使えるから、それより重いモノが使えれば良しとしました。

 

釣具店でホーネットスティンガープラスのミディアムとミディアムヘビーを手に持ってみて、MHのハリが気にいって購入。

 

 

2ピースでそろえて、みました。

 

トランクに入るのが大前提。

 

ギグ、テキサス、スピナーベイトに優れています。

 

 

キャストした感じはと言うと、今まで使っていたMHのロッドの様に、疲れたり、重いと感じる事が無かったです。

 

キャストフィールは、MHではなくて、Mクラスに似てる・・・・

 

私が今まで使っていたロッドが固かったからだとおもいます。

 

ちょっと気になったのが、

 

フッキングで、20センチクラスのバスが、飛んできます・・・

 

今まで体験した事が無い、ロッドのパワー

 

 

フッキング速度を落とさないと・・・

 

 

感度だって申し分ありません。

 

固いけど、柔らかいと感じさせてくれるんです。

 

おそらく、竿先が柔らかく、パットがパワフルだから、なんとも言えない安心感と

 

水中の障害物を回避する力はすごいの一言です。

 

 

フロロライン14ポンドでの感想ですが、

 

ロッドから、水底が、砂なのか、水草なのか、とか、

 

レイダウンの小枝の位置とか、

 

沈み岩の感触が伝わってきます。

 

 

コツっと来るたびに、「当たりかな?」なんて、身構えてしまうのが難点・・・

 

使って行くうちに、「自分がうまくなったのかな?」なんて、思わせてくれるロッドだと、私は思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/10/28 22:43:28

 

 釣具店でデザインに引かれ、手に持った瞬間、驚きの軽さに購入しちゃったのが、REVO LTX-Lです。

 

ちょうど、ベイトフィネスをしたくて、リールを探していた時に出会ってしまった。

 

152gしかない重さ、

 

純正で、カーボンハンドル、つまみはEVAだし、フルベアリング、

 

ベイトフィネスのために作られたリールだと思います。

 

ただドラグは、MAX5.5kgと控えめ、

 

ギヤ比が7.9:1と高め、

 

ロッドにセットして、改めて、軽さに驚かされます。

 

タックルが軽くなると、感度がそうとう上がるから不思議です。

 

さすが、マグネシウムフレーム、

 

まあ〜8ポンドしか使わない予定で購入したから、太いラインを使わないとおもいます。。

 

 

ギヤ比が高いので、軽量ルアーで、水の抵抗が少ないルアー向きだとおもいます。

 

7gのスピナーベイトを巻くのは辛かった・・・

 

ハンドルを回すのが重い・・・

 

それに、ギヤ比が高いから、マグネットブレーキを強くかけると、ハンドルが重くなります。

 

やはり、ブレーキをあまりかけなくても飛んでくれるスモラバとかが良い感じ

 

糸ふけを取る性能はピカイチなので、魚をフッキングに持ち込む才能はずば抜けています。

 

 

今では、一つ前のデザインだけど、REVOの中ではデザインが一番気に入っています。

 

実は、スピニングタックルと持ち替えた時、「重い〜」と感じてしまいました。

 

ベイトフィネスを使いはじめて思った事は、「スピニングリールの出番が減るだろうな〜」です。

 

指に引っ掛けて、ペールを起こして、キャスト・・・

 

ベイトリールの方が楽ちんに思えてきたこの頃です。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/10/26 20:37:26

 銀のメタニュウムXTを大切に愛用してたのですが、そろそろ新しいリールが欲しくて、探していたら、バスワンがモデルチェンジしてかっこよくなってるのを発見、思わず飛びついてしまいました。

 

 フィッシングショーでのギラギラした映像を創造していたのですが、思ったほど気にならない印象、

 

何より、銀メタよりも軽い、巻き心地だって同じくらい

 

使いなれた遠心ブレーキも良い感じ・・・

 

銀メタはけっこう良いお値段してたのに、この価格でこの性能は・・・

 

時代の流れを感じさせられました。

 

 

長く大切に使っていた銀メタですが、自分が浦島太郎になった気分。

 

進化においてけぼりだったのですね。

 

 

7.2:1のギヤ比は、感動の一言、

 

ラインスラッグは簡単に巻き取れるし、 魚の当たりからフッキングまでの時間短縮には驚かされます。

 

お気に入りは、抜群の飛距離、

 

10グラムのラバージグとかテキサスが、気持ち良く飛んでゆきます。

 

スプールの幅がかなり狭くなってるので、親指のおさまりが良い感じ、

 

本当に、リールの進化にはおどろかされました。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/10/25 19:59:25

 

実は、20年以上前のロッドを使っていたのですが、トランクに入る2ピースがなんだか欲しくなって、購入。

 

ベイトフィネスにも興味が有り、BFロッドを色々と探していたのです、

 

そんな時に、Youtubeの動画で、40イモグラブを遠投してるのを見つけて、アブのロッドを購入、

 

今も使っている、テムジンシリーズの、コブラとガゼルは1ピースだから、気楽に持ち運べる2ピースは魅力的、

 

値段も手ごろだからと思い、性能には期待はしていなかったのですが、使ってみてビックリ、

 

 

手にした瞬間、軽さに驚き

 

それと、デザインがいい〜

 

ま〜人それぞれだとは思うけど、私のツボにはまりました。

 

 

さっそく、釣りに出会かけ 40イモグラブのノーシンカーをキャスト、

 

テップにルアーの重みを載せて遠投、

 

何より、軽量ルアーを投げやすいのにビックリ、
自分が思っているはるか向こうに跳んでゆきます。

 

そして、感度にもビックリ、

 

柔らかいペなぺなの竿なのかななんて思っていたのに、ハリが有るのに柔らかい・・・

 

2ピースとは思えない高感度、

 

水底の様子がロッドから伝わってきます。

 

 

突然、ピクっと引っ張られ、少し重くなって、ショートバイトなのに、竿先がショックを吸収
テムジンガゼルなら、はじいてしまう当たりなのに、はじかずに、リアルに私に伝えてきます。

 

やさしく、ロッドをあおりフッキング、

 

バスの躍動感を伝えてきます。

 

 

元気の良いバスちゃん、走りまわるのですが、とても強靭なバットのおかげで、スムーズにやり取りができるから安心感が半端ない、

 

ジャンプだってテップがテンションをかけたままいなしてくれます。

 

今まで取れなかったショートバイトをフッキングに持ち込んでくれる素晴らしいロッドとの出会いでした。

 

1.75gから7gまでの重さを、ストレスを感じないすばらしいロッドだと思います。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2017/10/24 20:54:24