スティーズキングバイパーSC 6111HSBインプレッション

陸っぱりヘビーバーサタイルスティーズ 【キングバイパー】

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】

 川村 光大郎さんプロヂュース陸っぱりヘビーバーサタイルロッド

 

SC(ショアコンペティション)シリーズの中核となる陸っぱりバーサタイル、ファイアウルフの発表から2年。川村光大郎の理想を追求すべく濃密なテスト期間を経ていよいよ世に姿を表すのが、キングバイパーの名を持つ近年注目のヘビーバーサタイルモデルだ。
「ヘビー級の釣りはここぞの一発を狙える。ただ、各々の釣りに複数ロッドを用意となると出番は限られる。1本だけで全ての可能性が広がるなら、夢を追うアングラーの背中を押すことができる」。
3.5g以上でのカバーフィッシングやフッキングパワーの必要な高比重ワーム、ビッグノイジー、ワイヤーベイトなら1/2oz.以上、より大型かつ抵抗の強いビッグベイト、PEラインを組めばフロッグやパンチングにも応用可能と使用ルアーの幅は実に広い。これら攻守のバランスを図るべく開発は難航を極めたという。
「軽さと強さの両立。重く硬くなってしまうと、軽いルアーは撃てない。ジグ&テキサスを片手で振り抜ける軽量感は欠かせない」。
カバー奥へとプレゼンテーションする華麗なピッチン&スキッピンは、高弾性SVFナノプラスの採用により軽さはもとより繊細な操作性と高い感度を実現。XHパワー超えのスティッフなティップと、MHパワーのバットを併せ持つスローテーパーに仕上げることで、大型ルアーはリトリーブ時に水を絡ませ、荷重を乗せて投げる打点のバラツキを抑えたソフトなスイングも可能に。
「一見パラボリックなベンドカーブだが、シングルフックのフッキングレスポンスも実に高い」。
X45と3DXで締め上げたブランクは高荷重時にショックアブソーバーの役割を果たしながらラインブレイクを抑えたフッキングを可能に。懸念のダルさやキャストアキュラシーの低下は皆無。
「ヘビーパワーながら軽く、STEEZを始めとした中型ロープロリールでより軽快性を追求できる。他ロッドと違和感なく使いこなせる」。
ティップにはフレーム剛性の高いKBガイドを搭載して、グリップエンドは干渉時の衝撃を抑えるラウンド形状。豪快さと繊細さ、両極を見据えたSC最強のパワーバーサタイルロッドに要注目だ。
※メーカーのサイトより

 

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】

 

全長(m):2.11
継数(本):1
仕舞(cm):211
自重(g):105
先径/元経(mm):2.7(2.7)/12.8 ※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
ルアー重量(g):7〜100
ルアー重量(oz):1/4〜3・1/2

 

ファイアウルフを使ってみて、つぼにはまってしまい、どうしても手に入れたくて、ロッドを数本黄色いお店に・・・
購入してしまいました。

 

3オンス越えのルアーが使えるのに、ファイアウルフより軽い105g・・・
この軽さがやばいです、

 

いつもなら、重いロッドでしっかり持ってアクションさせるのですが、
ヘビーロッドなのに軽いから、軽いロッドの時の癖でアクションさせると、手首に負荷が・・・

 

XHパワー超えのスティッフなティップにMHパワーのバットを持ち合せたスローテーパー
テキサスは、ダイワBLACKLABEL+721MHFB以上に使いやすいです
ヘビキャロだと、1オンスで飛んでた飛距離を17gで飛び越えちゃいました。

 

ヘビダンはファーストテーパーが良いと思っていたのですが、
スローテーパーの方がやりやすいですね。

 

今まで使っていたMHのロッドより軽く、使いやすくて、めっちゃ飛びます。

 

さすが、川村 光大郎さんとロッドビルダーの方と、2年かけて作られたロッド
この工程を、感性領域設計システム「ESS」と言うらしいです。

 

今まで感度が良いと思っていた、HVFナノプラスのBLACKLABEL+721MHFBだったのですが、
SVFナノプラスのキングバイパーを使うとかすれてしまいました・・・

 

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】

 

今まで持ってるロッドだと、28gが上限だったのですが、
100gまで使える様になったけど、
14ポンド100メートル巻いたジリオンTWHD1516スプールで、ヘビキャロ1オンスのフルキャスト、
ラインが数巻き残って・・・
慌てて止めようとした結果です、

 

私のキャストフィールにすごく合っています。

 

気持ちよく飛んで、

 

スゴイ高感度、

 

5グラムシンカーのダウンショットだって、フリップできて、
かなりの飛距離
ロッドが軽いから、素早く振り上げられるからだと思う。

 

14gテキサス
ジグのスイミング、
テキサスのアンモナイトシャッド5.5
ヘビーダウンショット
ヘビキャロ
などで活躍しそうです。

 

まだ持っていないビックベイトにも挑戦できる様になったので、
ちょっと思案中・・・

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

スティーズ SC 6111HSB【キングバイパー】
ダイワ バス スティーズ ベイトキャスティングモデル SC 6111HSB キングバイパー[ショアコンペティションモデル]


関連ページ

インスパイア エアリアル ICSS-60UL改
SICステンレスから、SICチタンにガイドを交換
abu HSPC-652ML-BF MGS
アブガルシア、ホーネットスティンガープラス 652ML-BFのインプレッション
HSPC-672MH MGS
アブのホーネットスティンガープラス 672MHのインプレッション
車のトランクに収まるベイトフィネスロッド
2ピースのベイトフィネスロッド
エアエッジ・E 661MHB・E
お手頃価格のテキサスロッドエアエッジ・E 661MHB・E
ダイワBLACKLABEL+721MHFB
ダイワブラックレーベル+721MHF
エアエッジ 661MHB・E インプレッション
エアエッジ 661MHB・Eを使ってみた感想です、テキサスがうまくなった様に思えてきます。
ダイワBLACKLABEL+721MHFB インプレッション
ダイワのブラックレーベルシリーズが進化して、ブラックレーベルプラスが誕生、BLACKLABEL+721MHFBを購入したのでレビューします。
ホーネットスティンガープラス ベイトフィネス
ホーネットスティンガー プラス HSPC-652ML-BF MGSのベイトフィネスインプレッション
ハートランド 721HRB-18
【ハートランド721HRB-18】村上晴彦がハマスペ、疾風の流れをくむNEWロッド
ハートランド HL 721HRB-18 購入
ダイワハートランド2018年モデルHL 721HRB 18購入しました
ハートランド 721HRB-18 インプレ
ハートランド 721hrb-18 インプレッション
スティーズ ファイアウルフSC 6111M/MHRB インプレッション
ベイトフィネスから1オンスクラスのルアーが使えるスティーズファイアウルフ
BLACK LABEL+6101MFB
ファーストテーパーのノリの良いフィネスでも使えるコルクグリップのロッドを探していたら、ブラックレーベル プラス 6101MFBに出逢いました。
ブラックレーベルプラス6101MFB インプレッション
BLACK LABEL+6101MFBを使ってみた私の感想です。
スティーズキングバイパーインプレ
やっとスティーズキングバイパーで40アップが釣れたのでインプレッション
BLACK LABEL 6111MHRB
MHのレギュラーテーパーを探していて見つけたBLACK LABEL 6111MHRB