ヘビーダウンショットのシンカー

ポイントの位置や、風の強さで使い分け

 ウイードが多ければ、ヘビキャロなんだろうけど、

 

ダイレクトに当たりを感じたくて、ヘビダンがお気に入り、

 

テキサスのずる引きも大好きで、カバーとかなら、ラバージグとかテキサスなんだけど、

 

ボトムの変化をダイレクトに感じられる、ヘビーダウンショットが気に入っています。

 

 

5センチ動かしてラインを緩め、5センチ動かしてラインを緩め、

 

ボトムの地形をなぞる様に、深くなればラインを送り、

 

浅くなれば巻きとってを繰り返します。

 

 

まだまだ、早い動きのルアーには反応が出てないので、

 

ヘビーダウンショットがお気に入り、

 

 ゆっくりねちねちやっております。

 

 

回りで誰もやっていないから、

 

良く釣れるともいえるかな?

 


ヘビーダウンショットのシンカーの使い分け

 遠投する時は、14gから28gをよく使います。

 

足場が高く、風が強い時は、17g位を使い、

 

風が無い時は、10gを良く使っています、

 

 

後は、ボトムが泥系とかジャリだと、シンカーを軽くして、

 

一番感度が良くなるウエイトを選択しています、

 

最近よく使うのが、

 

5グラム、10グラム、14グラム、17.5グラムを使ってます、

 

 

 

使ってるラインは、フロロの14ポンド、

 

根がかりしやすい場所だから、

 

テキサスより根がかりが少ない、ダウンショットがマイブーム、

 

ダウンショットならシンカーの、横で障害物を超えるのですが、

 

テキサスだとシンカーの正面が障害物に当たるから、岩に挟まれやすいみたい、

 

あくまでも私の思い込み、

 

 

後は、ゴミだまりの中にテキサスなんだろうけど、

 

ヘビダンのシェイクとかもいい感じで釣果を出しています、

 

 

ホントはテキサスが好きだから、

 

もう少し温かくなったら、テキサスを頑張ろうとおもいます。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

関連ページ

浜キャロロケットシンカー
めっちゃ飛ぶシンカーです、
RYUGI ヘビダンシンカー
根がかりしにくいお気に入りのシンカー
テキサスで使うシンカー
おかっぱりがメインなので、ずる引きテキサスです。
スルスル君 ダウンショットシンカー
財布に優しいシンカー