ブラックバス

テムジンコブラ

 数本のロッドを持って移動してるアングラー
良く見かける光景ですよね、

 

私も以前は3本もって移動してました。

 

でも、実際一番使ってるロッドは1本・・・

 

やぶこぎなんて時は1本だけで・・・

 

いつの間にか、1本だけ車に積み込んで釣りに行く事がメインになりました。

 

友人の盗難事件以来使わないロッドを車に残して釣りをするのが不安で・・・

 

 

もし1本だけ持って釣ると考えると、

 

「今日はヘビキャロがメインにしよう」とか
「ベイトフィネスだけの日にしよう」なんて事になっちゃいますが、

 

実際、自分の得意なリグとかルアーが使えるタックルを選ぶ様に・・・

 

滋賀県に出張になり、初めての琵琶湖、
ヘビキャロをがんばるつもりでいたのですが、
私には向かないと実感・・・

 

誰でも得意な釣り方って有ると思う、

 

やはり、自分の実績の有る釣り方をしたくなっちゃいます。

 

私の場合、

 

6グラムのホッパー

 

3グラムスモラバ

 

4インチイモグラブ

 

ヤマセンコー、スワンプクローラーのワッキー

 

ネコリグに、ダウンショット

 

3.5gのライトテキサス、

 

シャッドプラグ、クランク

 

ミノープラグ、

 

ディープクランク(18グラム)

 

スピナーベイト(7〜14グラム)

 

ファットイカのバックスライド、(14グラムくらいかな)

 

バークレーパワーグライダー(18グラム+フックで20グラム前後)

 

ルアーウエイトで見ると

 

4グラム〜21グラム

 

ネットとか使った事が無いから、抜き上げる事が前提、

 

それから・・・

 

変な無駄な探求心を持ってる私、

 

パソコンを、マザーボードから選んだり、
今はやりつつあるVAPEのコイルを自分で巻いて、
どのコットンが良いとか、どのワイヤーの素材がガンクが付きにくいとか・・・

 

禁煙のつもりが、節煙で止まってたり・・・

 

話がそれたけど、ここ数年で、軽くて強いカーボンシートが発明されて、
ロッドがすごく軽く、強くなっています、
「東レナノカーボン」

 

ロッドって、カーボンの接着剤が付いたシートをテーパー状鉄の棒に巻き付けて、
高温の窯で温めて接着して作られる・・・、

 

カーボン素材の硬さ、
巻き方、「ダイワならX45」
表面の補強処理 「ダイワなら 3DXやBRAIDING X」

 

各釣り具メーカーさんが色々と工夫をして作られています、
使いたいルアーウエイト、
今、気に入ってるベイトリールのメーカーに絞る事にする予定、

 

なので、候補に上がってるのが、

 

エアーエッジ701MB-G


エアエッジ 701MB-G

 

HVF UDグラスのグラテック構造採用のバーサタイルクランキングロッド。レングスを生かしたロングキャストも可能。グリップレングスもショートキャストとロングキャストの両立が可能な絶妙な長さに設定し、ややスティッフなティップのレギュラーファストテーパーはキャスト時にウェイトを乗せやすく、グラスをかわせるティップを備える。
適合ルアーウエイト 5〜21グラム 
¥ 19,051 
全長(m):2.13
継数(本):1
仕舞(cm):213
自重(g):148
先径/元径(mm):-(2.1)/14.9 ※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
ルアー重量(g):5~21
ルアー重量(oz):3/16~3/4

 

ブラックレーベル PF 701MFB

PF701MFB
ブラックレーベル PFシリーズ 701MFB

 

極限までの軽量化を止め、掛けてからのリフティングパワーを特化させた為、今までのMパワーのロッドよりワンランク上のバットパワーを感じさせる。またボトムやブッシュのタッチ感を出しながらもスタックさせる事なく乗り越えさせる適度に張りを持たせた高感度なティップがPFシリーズの真骨頂。PF701MFBは1/16から3/16ozのライトテキサス、3〜5高比重ワームのノーシンカー、ヘビーダウンショットのピッチにポテンシャルを発揮する。ソフトに仕上げたティップは、春先や晩秋など低活性時におけるテキサスやマキマキの釣りでもバイトの際にしっかりと食い込みを見せる。通常のMクラスよりワンランク上のリフティングパワーを持たせたベリー〜バット部はバスに主導権を与えずランディングへと持ち込む。
¥ 20,698
全長:2.13m / 仕舞:213cm
継数:1本
標準自重:150g
先径:1.5mm / 元径:11.9mm
対応ルアー:1/8~5/8oz 3.5g〜17,5g
対応ライン(ナイロン):8~16lb
グリップレングス:265mm

 

ブラックレーベル プラス 6101MFB

ブラックレーベル プラス 6101MFB
ブラックレーベル プラス 6101MFB

 

フッキングレスポンスと掛けてからのリフティングパワーにフォーカスしたファストテーパーデザイン採用のバーサタイルロッド。近距離戦での繊細な操作性と掛けてからのリフティングパワーに定評のあったBL-PF701MFBをベースにさらなるバーサタイル性と軽量化を求めたBL+6101MFBはBL+681MFBと比較するとMパワーにしてはソフトなティップとベリーから鋭く立ち上がるテーパーからくる強靭なバットパワーが特徴。繊細なティップが手首を返すだけの小さなモーションでのアキュラシーキャストを可能にし、さらにはティップが軟らかいが故に1.8gネイルシンカーを入れたスナッグレスネコリグなどのライトリグからハードベイトを投げられる汎用性の高さと喰いこみの良さを兼ね備えている。またティップの軟らかさと相反する形で組み合わされた強靭なベリー〜バットが低弾道での遠投を可能にし、近距離のみならず遠距離でのフックングレスポンスの良さを持ち合わせており高比重ノーシンカーからヘビーダウンショット、ライトテキサス、ライトカバージグをはじめ、1/2ozクラスのスピナーベイトやチャターベイトなどのシングルフックを有したルアーのフッキングも余裕でこなす頼りがいのある一本に仕上がっている。
¥ 29,077
全長:2.08m
継数:1本
仕舞:208cm
自重:117g
先径:1.7mm
元径:12.9mm
対応ルアーウェイト:1/8-5/8oz 3.5g〜17,5g

 

SC 6111M/MHRB 【FIREWOLF(ファイアウルフ) [Shore Competitionモデル]】

SC 6111M/MHRB 【FIREWOLF(ファイアウルフ) [Shore Competitionモデル]】
スティーズ SC 6111M/MHRB ファイアウルフ

 

ベイトフィネス対応のソフトなティップをもち、ティップがMパワー、バットがMHパワーの究極のバーサタイルを目指し開発されたショアコンペティション(SC)の中核を成すロッド。持ち込むロッドの本数が限られるオカッパリにおいて、一本のロッドで必要となるリグ・ルアー全てに対応し、プレッシャーの高いフィールドにおいて釣り勝つために開発された。今や日本のバスフィッシングシーンにおいて外すことの出来ないテクニックであるベイトフィネスからダウンショット、ノーシンカー、カバー周りでのテキサスリグやガード付きフィネスジグなどのワーミングを全てこなせる性能を持つ。さらにワーミングロッドが得意とするフッキングレスポンス重視のワイヤーベイトだけでなく、ワーミング向きのバーサタイルロッドが不得意としてきたクランクベイトへの対応力を上げるべく、テーパーデザインで様々な設計手法を駆使し作りあげた。ハードベイトのフル遠投からベイトフィネスリグのキャストまで対応するために、しなってからの戻りが早い3DXはあえて採用せず高弾性カーボンながらも先から元までX45で締め上げることで、様々なルアーのキャストアキュラシーだけでなくベイトフィネスのアキュラシーキャストをも実現させ、未だかつてない釣り勝つためのオカッパリ(Shore Competition)での究極のバーサタイルロッドが誕生した。
¥ 51,808
全長(m):2.11
自重(g):112
継数(本):1
ルアー重量(g):3.5-28
ルアー重量(oz):1/8-1
ラインフロロ(lb):8-20

 

今考えてる候補たちです。

 

ハートランドHL 721HRB 18を使ってみて思う事が有ります。

 

キャストが気持ちよい

 

一番初めに購入して、使い倒したワンピースのロッドが
シマノスコーピオン1580Rと言うレギュラーテーパーのロッドだったからなのか、

 

レギュラーテーパーの気持ち良さを思いだし・・・

 

ベイトフィネスで使ってる abu HSPC-652ML-BF MGS
ファーストテーパーで7gまでしか使えないけど、
キャストフィールはすごく好きなのはそのせいなのかな?

 

テップが柔らかくて、感度が良くて、
レギュラーテーパーのロッドがいいかな〜って思っております。

 

とりあえず、使いたいルアーウエイトに適合して、
キャストが気持ち良くて、
バットにパワーが有れば〜

 

出来れば、クランクとか、ミノーの当たりをはじかないロッド、
スモラバのスイミングが出来て、
シェイクが楽な奴で、

 

BFロッドだと40アップのアゴにフックを貫通させられないかから、
フッキングできるパワーも欲しい。

 

なんか、すごく贅沢かな〜

 

思案中・・・

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

ダイワ エアエッジ (ベイトキャスティングモデル) 701MB-G・E (ブラックバスロッド ベイト) (大型商品B)

19051円

ダイワ ブラックレーベル プラス 6101MFB ベイトモデル (大型商品B)

31752円

ダイワ 16 スティーズ SC6111M/MHRB ファイアウルフ (1ピース ベイトモデル) (大型商品B)

53136円

続きを読む≫ 2018/08/14 20:49:14

HL 721HRB 18

夏の暑い時期にブラックバスを探す

 

人も暑いと、日陰に避難しますよね、

 

木陰だったり、橋の下とか・・・

 

食べ物や飲み物を売ってるコンビニとか、

 

 

ブラックバスだって、本能的に、何かの陰に避難します。

 

物陰に隠れて、エサが来るのを待っていたり、

 

湧き水や流れ込みの近くの水温が少しでも低い場所、

 

そういう場所は、ベイトフィッシュがたまっていたりもします。

 

ただ、元気の良い30センチ〜40センチクラスのやつらは群れで行動して、回遊してたりもするから、

 

何かに付いてるバスを狙うのか、

 

回遊を狙うのか、

 

絞り込んで狙う事にはなるのですが、

 

回遊バスを狙うのは、かなり難しい、

 

行きつけのポイントなら、何時くらいに回って来るなんて事は解る様になるけど、

 

ほとんどの場合は、何かに隠れてるバスを狙うのが確率な上がります。

 

 

初心者がやっちゃう失敗は、いきなり岸際を歩いたり、

 

岸際からいきなりキャストとか・・・

 

 

自分が立ちたいポイントの足元に魚が隠れてるかチェックしない事です。

 

 

ポイントに立つ前に、
岸から離れた場所から、スモラバとか、ノーシンカーのワームをそっと落としてみます、

 

朝一、誰も入っていないポイントなら、高確率でバスをゲットできちゃうからね

 

その日の1投目で釣れれば、一日が楽しくルンルンで釣りが出来る事間違いないと思います。

 

そして、私の経験から、

 

ワイワイガヤガヤ釣りしてる方たちが帰り、

 

そっとそのポイントをチェックすると、高確率でバスをゲットできちゃう、

 

バスの警戒心がとれた時もねらい目ですね。

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

 

続きを読む≫ 2018/07/17 00:10:17

RCS 1012SVスプール

 

あくまでも、私が使って、比べてみた感想を書いてみたいと思います。

 

まずは、ジリオンTWとジリオンSVTWを比べてみた感想
ロッドはブラックレーベル+721MHFB
ラインはどちらも14ポンド

 

ジリオンTWとジリオンSVTW

 

 

ジリオンTW ジリオンSVTW 10グラムのシンカーを投げ比べると 

 

ジリオンSVTWだと、ブレーキ2でフルキャスト出来ますが
ジリオンTWは、ブレーキ4にしないと、ノーサミングは無理

 

ジリオンSVTWの方が飛距離が出ます。

 

次に21グラムで比べると、飛距離が逆転します、

 

ジリオンSVTWはブレーキ1でノーサミング
ジリオンTWは、ブレーキ2でノーサミング

 

ジリオンTWに巻いた14ポンド100メートルで、スプールのくぼみが見えるくらい飛んでゆきます。

 

次に、

 

スティーズATWのノーマルG1 MAG-Zスプールと、RSC 1012SVスプール

 

スティーズATW

RCS1012SVスプール

 

私は、SVスプールとノーマルG1 MAG-Zスプールを使い分けしています。

 

はっきり言って、SVスプールは、12グラムくらいまではノーマルG1 MAG-Zスプールより飛びます。
14グラムになると、ノーマルG1 MAG-Zスプールの方が格段に飛距離が出ます。

 

1オンス(28g)だと、ノーマルG1 MAG-Zスプールは100メートル近く飛びます。

 

私の腕で飛ぶからびっくり、

 

なので、

 

スワンプクローラー4インチノーシンカー
スモラバ+トレーラーワーム
スワンプクローラーのネコ
10グラムまでのプラグには、SVスプール

 

10グラム以上だと、ノーマルG1 MAG-Zスプールを使う様にしています。

 

SVスプールは、遠投用ではなく、幅広くルアーが使えるスプール 
ただ、14グラムのヘビーダウンショットを70メートル飛ばせる性能をもっていますが、
ノーマルG1 MAG-Zスプールで14グラムを投げると、5メートルほど飛距離が伸びます。

 

軽いルアーを手首のスナップだけで飛ばす場合、
SVスプールは気持ちよく安心して
スモラバをノーサミングでキャスト出来るのがすごいと思います、

 

それでいて、1オンスとかも投げれちゃうから、オールマイティーに使えるスプール、

 

SVスプールで 14グラムを70メートル飛ばせたら、十分ではないかと・・・

 

ただ、スティーズATWだと、重いルアーはノーマルのG1 MAG-Zスプールルより、

 

SVスプールは飛ばないって事になっちゃいます。

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

続きを読む≫ 2018/06/09 03:07:09

 前から気になっていた、STEEZ A TW

 

ベイトリールを使って思った事、

 

アルミフレームは、感度が良い事、

 

カルカッタを使ってる時は何も考えていなかったのだけど、

 

ABUのリールを使ってるうちに、アルミフレームの方が、感度が上がる事に気が付いて、

 

アルミフレームの事を調べてるうちに、STEEZ A TWがデビュー、

 

欲しいけど、ジリオンのフィネス性能に引かれ、SV TWを購入、

 

遠投性能を考えて、重いルアーを飛ばせる、ジリオン TW買って・・・

 

今回、ZILLION TW HDがデビュー 

 

あらためて、軸受け部分がすべてアルミフレームのSTEEZ A TWが頭の中に・・・

 

ZILLION TW HDもSTEEZ A TWも、アルミフレームで サイドハウジングとブレーキユニットもアルミ、

 

どちらも、感度と耐久性が良い機種ですよね。

 

 

20ポンドが100メートル巻ける 

 


ジリオン TW HD 1520SHL

 

16ポンドが100メートル巻ける

 


スティーズ A TW 1016HL

 

どちらも、引かれるんだけど、

 

どちらかと言うと、

 

5g〜20gを多用してる私としては、

 

どちらも価格が同じくらいになったてる事を知り

 

思案中

 

両方買えればよいけど、

 

大蔵省の許可は下りないよね〜

 

もう少し悩むことにします。

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

続きを読む≫ 2018/04/09 10:30:09

 4月〜5月は、産卵の季節、

 

たくさんの卵を産むために、3月は、プリスポーン、荒食いをします、

 

水温が上がりきっていないので、ディープとスポーニングエリアを行ったり来たりしています、

 

スポーニングエリアは、固いボトムの場合が多いみたい、

 

泥で卵が埋もれてしまわないためだと思う、

 

体の大きなデカバスから、産卵が始まるので、

 

3月は、デカいのが釣れ安いシーズンなんだって。

 

水温が上がると、体系準にスポーニングが始まり、

 

いろんなサイズが釣れ始めます。

続きを読む≫ 2018/03/12 20:40:12

 今回は、水がきれいだった事もあり、

 

メンテナンスは簡単でした、

 

 

海釣りでは無く、ダム湖での釣りだったので、リールの水洗いは行いませんでした。

 

リールとロッドを固く絞った濡れタオルで、やさしくなでます、

 

こすらない事が大切、

 

部屋の中で乾かします、

 

乾いたら、2回に1回は、ボナンザをコートします、

 

くわしいボナンザの事はこちらで書いてます。

 

ベアリングのメンテは、こちらで書いてます

 

ベイトリールは、リールカバーが離せない私

 

ロッドに付けたまま移動する時も、

 

リールを外した時も、カバーを付けています、

 

 

少ないお小遣いを貯めて買ったリールだから、大切に取り扱っております、

 

バスプロみたいに、スポンサーさんから提供されるわけでは無いから、何年もきれいに使いたい。

 

気温が高くなる季節には、車内に置かない、

 

ロッドが曲がったり、水膨れが出来たり、

 

リールのグリスが溶け出したりします。

 

 

特に、琵琶湖のウエーディング時は、車の中にロッドやリールは置かない様にしてます、

 

もちろんルアーも、

 

 

車のガラスを割られて荷物が無くなったと、警察を呼んでる方をたまに見かけるから、

 

使うロッドとリールだけ車に積み込む様にして、

 

防げる災いに専念。

 

 

あくまでも、私の考えです、

 

車に積みっぱなしは、道具にも、防犯にも良く無いと私は、思っております。

 

 

「そんなめんどくさい事はしない、積みっぱなしだよ」 と言う友達がいました、見事にタックルをすべて盗まれちゃって、

 

ステラが2、アンタレスが3、ジャッカルのロッドが6本、

 

月ぎめ駐車場に止めていて、やられたらしい。

 

何より、ハイエースの鍵穴を壊された事も、悔やんでいました、

 

 

皆さんも、気を付けてくださいね。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2018/03/04 18:01:04

 冬になると水温が釣果を大きく左右する季節だと思います、

 

水温が下がると、動かなくなり、エサを食べなくなって、じっとして、体力の低下を抑える行動に出ます。

 

でも、スピナーベイト、メタルバイブ、バイブレーションなど、

 

リアクションで反応させる釣り方がツボにハマる事があります。

 

 実は、欲しいと思っているバイブがザリスピン

 

 


ISSEI(イッセイ) ルアー G.C.ザリスピン5.5g 01 村上シャッド.

 

スピンとフックを交換すれば、ザリメタルに早変わり

 

 

水温が10度くらいなら、大物は動き回るらしいから、

 

冬場に、大物が釣れた情報が多いと思いませんか?

 

小魚が集まる場所、を見つける。

 

日光が当たり水温が上がりやすいシャローエリア

 

湖底にレイダウンが有る場所

 

ディープエリア

 

風が当たらない、日向の有る場所

 

 

さて、私にも見つけられるかな、?

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

 

 

続きを読む≫ 2018/02/25 01:54:25

 誰もが初心者にはスピニングタックルをすすめると思うのですが、

 

私の場合、スピニングより使いやすいベイトタックルを使わせてみました。

 

 

まずは、リール

 

タトゥーラ SV TW

 

 

ロッド

 

ホーネットスティンガープラス、672MH

 

 

ラインは14ポンド

 

ルアーは、14グラムのシンカーを使ったダウンショット

 

ワームは、

 

スワンプクローラー

 

 

はじめて釣りをする友人に教えた事は、ピッチングでした、

 

シンカーを振り子の様にゆらして、親指を離す練習、

 

初心者にもやさしいタトゥーラSVTW そのうえ、14グラムのシンカーだと、重りの重さを感じながら揺らす事が簡単だと思い、

 

マグネットブレーキはマックス設定、

 

親指を離した後、着水と同時に親指を押さえる事を教え、

 

ピッチング練習、

 

着水後、もう一度親指を離して、ラインを出し、湖底までシンカーを沈め、

 

湖底の感覚を感じながら、ねかせたロッドをゆっくり立てて、垂直になったら、ロッドを寝かせ、たるんだラインを巻き取り、

 

またロッドをゆっくりとたてる事を繰り返しながら、湖底の様子を観察する事に専念させていました。

 

スワンプクローラーなら、もぐもぐしてる時間が長いので、フッキングまで時間がかかったとしても、簡単に釣り上げる事が出来るので、
初心者にはおすすめだと思いセレクト。

 

やはり、「ピクピクする」とか、「急に引っ張られた」など当たりを感じる友人

 

ロッドを下げて、ラインのたるみを取ってから、思いっきりロッドをたてる事を教え、

 

フッキング、

 

釣り上げたのは、42センチのキロフィッシュ、

 

 

初心者に良くすすめられる、スピニングタックルでは、パニックになると、キャッチ出来ないサイズでした。

 

 

バッククラッシュしにくいベイトリールで、親指を離すタイミングを教えるために、重いシンカーを使ったピッチングを練習

 

なれると、初心者でも20メートルは飛んでました。

 

湖底のレイダウンエリアとロックエリアの境目で、良く当たりが出るポイントをセレクト、

 

湖底の変化を感じ取る感覚を教えました。

 

シェイクとかは、教えなくても、ロッドが左右に揺れたり、上下に動いていたので、
あえて、教えませんでしたが、ワームはかなり動いてたと思います。

 

o(^▽^)o

 

 

私も、ノーシンカーが釣れるのは知っていますが、

 

初心者には、軽すぎて投げにくい、

 

それに、柔らかいスピニングタックルだと、
いきなりの大物でパニックになる可能性も・・・

 

 

ベイトタックルを先に覚えたら、

 

スピニングは簡単だと思うのですが、

 

私、だけでしょうか?

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2018/02/15 22:34:15

 私のバス釣りを見て、バスの楽しさを知った友人がいます。

 

釣りなんてやった事が無いと言っていた友人ですが、私のタックルを使い、ルアーのセレクトと、アクション方法を行った結果、

 

初バス釣りで30アップ4匹、40アップ2匹と言う結果を出し、大はしゃぎ、

 

楽しい1日を過ごせたみたいです。

 

 

バス釣りを始めるか、どうかは、初日の釣果で、大きく変わって来ると私は思っていたので、

 

釣らせる事だけに集中していました。

 

良い結果が出せて満足〜

 

 

バス釣りを始めて、1年やそこいらでは、自分が釣る事ばかりを考え、

 

初心者の気持ちとかは、二の次で・・・

 

バスの楽しさを知らないまま、バスを釣る事をあきらめてしまう方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

 

最近良く見かけるのは、

 

若いカップルで、彼はバス釣りをしてるのに、彼女はと言うと、隣にいっしょにいるだけ・・・

 

彼女も釣れば良いのにと思ってしまいます・・・

 

 

そして、

 

私がいつも思っている事、

 

「釣れた」と「釣った」は違う事、

 

 

「ルアーを投げてれば釣れる」 それはそれで、良いのですが、

 

「なぜ釣れたの?」 と、想像してほしいと思います。

 

ルアーフィッシングを長く続けられるかどうかは、ここに鍵が有る事を・・・

 

 

 私がおすすめするのは、バス歴が長く、自分が釣る事より、釣らせる事に集中できる友人を見つける事、

 

人に釣らせる事が楽しくて、うれしいと思う方を見つけるのが、バス釣りが楽しくなる一番の近道では無いかと私は思います。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし良ければお願いいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

 

続きを読む≫ 2018/02/08 21:31:08