ブラックバスとの出会い

ファーストフィッシュ

 もう、どれぐらい前なのか忘れました、きっと20年以上前の事ですが、

 

その時の事は今も覚えています。

 

 

ルアー釣りなんてやった事が無い私、

 

友達に誘われて、バス釣りに誘われ、餌釣りで使っていた当時はやりのホリデーパックと言う振出しの1.8メートルの柔らかい竿でチャレンジ、

 

ルアー竿なんか持って無かったのです、

 

 

ルアーを買いに、友人と釣具屋さんに行き、少ない予算で、安いハードルアーを3個くらい買ったと思います。

 

でも、今も覚えてるのは、ワゴンセール品の中に有った、150円のホッパー、

 

長さは5センチの無くて、白と淡い黄色の背中のちゃちいルアー、

 

私をブラックバスに引きずり込んだルアーになるとはその時は何も思ってませんでした。

 

暑い夏のある日、

 

当時20代だった私、友人3人と、小さな野池に到着、

 

池の中央の大部分が、ヒシの葉でおおわれた、農業用のため池、

 

小さな流れ込みと、雑木のオーバーハングが少し、

 

私は、キャストの練習をはじめたのだと思います。

 

ヒシの葉に、一番高かったルアーを持っていかれ、

 

水草に絡まない様に、葉っぱのワキに投げる練習中、それは突然起こりました、

 

 

キャストして、うまくヒシの葉ギリギリに着水、

 

「やった〜」と思った瞬間、

 

突然水中から飛び上がってきた魚、

 

それが私のファーストフィッシュ、

 

ヤマメとか、ウグイなら釣った事は有ったけど、

 

ブラックバスははじめて・・・

 

 

超列な引き、

 

風でラインが音を出します、

 

「キュイ〜ン、ヒーン〜」

 

今にも切れそうな音

 

振出のパックロッドは完全にのされ、折れる手前の限界、

 

友人に言われ、ドラグを緩めると、ラインが出て行きます。

 

確か、餌釣り用の銀輪3号、

 

 

巻いては、糸を出され、巻いては出され・・・

 

30分ぐらい格闘して、やっと釣り上げたのは、50センチ手前の超大物

 

口の中にこぶしが入る魚がいるとはじめて知った瞬間、

 

脚はがくがくと笑いだし、

 

手は震え、

 

汗でビッショリに・・・

 

 

何とも言えない嬉しさ、

 

何とも言えない興奮、

 

 

トップウォーターが大好きになった瞬間でした。

 

 

この時から、私は、ブラックバスを釣る事が楽しくなって・・・

 

今でも、暇が有ればバスフィッシングに〜

 

そんな私の覚書のブログを書こうと思います。